読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

作家
赤瀬川原平
出版社
岩波書店
発売日
1990-01-22
ISBN
9784004301042
amazonで購入する

千利休―無言の前衛 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キジネコ

箒を持ってレレレのおじさんしてましたら「利休の庭」の逸話が不意に。近頃の執着、珈琲も茶なら作法やしつらえと無縁と嘯くのは詰まらん事と連想が続き、宗匠さんに学ぶ桃山文化もエエかも知らんと調子に乗って本書に手出しをいたしました。茶を語るは本分に非ずと原平さん。しかし形式と前衛で価値観の無限螺旋に思いを致し、多弁饒舌の秀吉と利休の豊穣静逸のヒリヒリする様な緊張を味わい、「私が死ぬと茶が廃れる」の言葉を残し、従容として受け入れる死と引き換えに手に入れる利休の個としての完成の姿を空想すれば、既に桃山の虜に ⇒続く

2015/11/07

mazda

千利休が切腹を迫られた理由はよくわからないですが、家康、正宗など、当時の東側の実力者たちが利休に惚れこんでいたことから、秀吉が焦ったという説があるようですが、これは非常に興味深いです。利休だけではないですが、このあたりのことをきちんと理解するために、平安、安土桃山の流れをもう少しきちんと勉強したいと思いました。

2015/04/08

壱萬弐仟縁

今年の通訳案内士1次試験の予想テーマは、和菓子や陶器。関連する茶も視野に入るので借りた。適宜写真や対話があり、緩急のある好著。無口な芸術、茶道(17頁~)。想像の藝術なのだろう。所作、作法、一連の抹茶が出されるまでと、いただくまでの振る舞い。座禅もそうだが、僕は肥満のために正座は苦手だな。正座できない人のための所作も求められるのかもしれない。懐石料理の後のお茶(60頁)。空腹ではこたえる濃厚さ。東洋のヴェニス堺も出てくる(117頁~)。心を落ち着かせる。その茶室があるのに戦が後を絶たないのはなぜなのか?

2013/08/12

tama

図書館本 赤瀬川シリーズ 私は「!」箇所には栞を挟んであとで感想書くときに使うんですが今回はそれが多過ぎ!もっと早く読むべきだった。音楽をやる人達にとって心すべきことがギッシリだし、作者の感性の向き所に心を奪われます。P28の冒頭から4行や「トマソンは国文学では」など。とても全部書けないのでこれだけは「本人は形式に堕するつもりはなく・・見えている言葉の論理を伝って・・師とする人の位置に近づこうとするが・・近づくほど精気が失せて行く。・・師とする人の感覚基盤がないところで・・結局は形式の抜け殻となる。」

2016/02/06

T.Matsumoto

映画「千利休」の脚本執筆を契機に書かれた芸術論。いや、前衛芸術論と題した方がいいかもしれません。千利休の話が殆ど無いし、知らないのに脚本依頼されたという冗談みたいなエッセイです。利休と秀吉は、歴史家ならずとも魅了されるテーマですが、芸術家の赤瀬川さんに書かせるのはちょっと酷。本人自ら、自立の芸術を諦め、他力の芸術を目指したのかもしれないと仰る視点は面白いポイントです。千利休の作品を知りたいなら、別の本がいいかと。

2020/10/25

感想・レビューをもっと見る