読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フォト・ジャーナリストの眼 (岩波新書)

フォト・ジャーナリストの眼 (岩波新書)

フォト・ジャーナリストの眼 (岩波新書)

作家
長倉洋海
出版社
岩波書店
発売日
1992-04-20
ISBN
9784004302230
amazonで購入する

フォト・ジャーナリストの眼 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

DK.HY.

当初は戦場カメラマンとして戦闘写真を撮影していた。しかし現地の人々と触れ合い、そこに住む人々を撮るようになった。「右眼でファインダーを、左眼でそこには映らない世界を」。被写体ではなく人間を撮った。フィリピンのスラム街で、日本に出稼ぎに行く人の話を聞き、彼らが日本でどう生活しているかを知るために、日本のドヤ街でフィリピン人に成りすまし潜入。そこで様々な差別に合った。世界を見たからこそ、日本の問題も見えてくる。人間とは何か、生きるとは何か、世界とは何か…を感じさせられる。写真から受ける魂に圧倒。凄まじい書籍。

2019/07/21

ペペロニ

少し古い本だけど学ぶことが多かったし、色々と関連した本に手を出したいとも思った。掲載されている写真の年代を見ると1980〜1990あたり。

2020/04/13

KJ

写真とは、一瞬で一枚に「時代」を切り取る。そこには時に残酷なまでに時代のリアルが映し出される。確かに「シャッターを押す」という行為は、一瞬の行為かも知れない。ただその瞬間に至るまでに、その動作の裏側にどれだけの思いが込められているか。ミクロの視点だけではなく、マクロの視点を持つ事で生まれる写真の分厚さ。カメラを向ける相手を単なる被写体としてではなく、一人一人尊厳のある人間として捉える。人々に寄り添い敬意を持って接する事で映し出される豊かな表情。独自の「眼」があって初めて本当の人間を映す事が出来るのだろう。

2014/07/13

kkkともろー

この方の勇気に感服。そして金満日本。

2016/10/12

fudl

NHKラジオ放送から知り得た写真家・長倉氏の本。なるほどアツイおもいが伝わってくる。

2021/06/01

感想・レビューをもっと見る