読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一億三千万人のための 小説教室 (岩波新書 新赤版 786)

一億三千万人のための 小説教室 (岩波新書 新赤版 786)

一億三千万人のための 小説教室 (岩波新書 新赤版 786)

作家
高橋源一郎
出版社
岩波書店
発売日
2002-06-20
ISBN
9784004307860
amazonで購入する Kindle版を購入する

一億三千万人のための 小説教室 (岩波新書 新赤版 786) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mint☆

「小説の書き方」のような本を読んで小説家になった人はいないそう。「競馬必勝法」の本を読んでも必ず勝てるわけではないように。この本は小説の書き方の具体的なテキストではない。小説を書くにあたってのヒントや心構えみたいな感じ?ちょっと違うか。小説を書こうと思って読み始めた訳ではありませんが、いつもと違った視点で物事を見ることができるかもしれません。自分は頭が固いなぁと感じました。小説はつかまえるもの!なんだか不思議な本でした。

2020/02/24

ハイカラ

小説の書き方教室ではなく、小説の楽しみ方愛し方教室といった感じだった。高橋先生の小説愛がほとばしっていて、読んでいると何だかじっとしていられなくなる。これからゆっくり小説と親交を深めたいと思います。

2016/05/03

うわじまお

たまに小説を書いてみたいと思うことがあるので読んでみた。小説をあたかも赤ちゃんのように面白がって遊ぶことが訓練になる。確かに。など、はっと気付かされる点も多々あったが、書くためのノウハウはほとんどない。もう少し理解を深めるために再読が必要かもしれぬ。というわけで、書き始めるのは当分先か^^;

2021/02/10

いっち

小説の書き方というよりも、小説への考え方が書かれている。著者は、小説を書きたい人に向けて、「あなたが書かねばならない、あなたにしか書けない小説」を書くよう言う。他との差別化が何よりも重要。書く手順は、①好きなもの(作家、作品)を見つける。②それを何度も読んで何度も書き写す。③その文章や作家の視点を真似て自分の物語を書く。④自分の物語を書く際には「ほんの少しだけ、楽しいウソ」を入れる。好きな作家や作品を真似て独自性が生まれるのは、「自分の感覚や視線と混じり合い、新しい感覚や視線に変化していく」からだそう。

2021/04/15

KAKAPO

《小説を書く、ということは、その向こうに行きたい、という人間の願いの中にその根拠を持っている》小説を書く、ということは、読者が期待していることを想定して、喜んでもらえそうなことを書くということではなく、きっと自分すら気がついていない暗黙のものを、書くという行為を通して見える化して行くことなのだろう。この本を読んでいるのは、あわよくば小説を書きたいと企んでいるような人だと思うが、もし上手く書く方法があるとすれば、心の中で考えていること、いや考えてすらいないことを、自然に文字にしてゆくということなのだろう。

2020/07/07

感想・レビューをもっと見る