読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化 (岩波新書)

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化 (岩波新書)

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化 (岩波新書)

作家
青山南
出版社
岩波書店
発売日
2004-10-20
ISBN
9784004309130
amazonで購入する

ネットと戦争―9.11からのアメリカ文化 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

#感想歌 #短歌 9.11ネットの反応綴りつつ最後に詩人の詩の紹介か

2017/03/22

四四三屋

2001年9月11日というと個人的にも忘れられない記憶がある。どうしても出かけなければならない用事があったにもかかわらず、前日に東京に近づいていた大型台風が上陸し、交通機関がどうなるかと不安におもっていた日でした。そのため朝早く起きてTV台風情報を観ようとしたら、あの衝撃的なシーンが目に飛び込んできた。「まるで映画のよう」とはその後よく聞いた言葉でしたが、そんな陳腐な感想しか思い浮かびませんでした。残念なことに事件は映画ではなく、現実で、その後、急速に「戦争」が身近なものとなったような気がします。

2014/06/16

ハンギ

早稲田大学の英文科の先生がインターネットを渡り歩いて、アメリカのネットコンテンツを解説している。アメリカの詩や文化人向けの雑誌の解説などは面白かったです。一番最初にオーデンという反骨心あふれる詩人の詩が掲載されていて、9.11後のアメリカの戦争に向かった情勢は批判的に見ています。アメリカはけっこう図式化されて理解されている様に思うけど、(というか僕がそうだったけど)スーザン・ソンタグやほかの愉快な人達がいるみたいです。一億ドルが詩の雑誌に寄付されたり、ほかにも鼻柱が強そうな人がけっこういました。

2012/02/21

おらひらお

2004年初版。タイトル買いしたのですが、想定していた内容とだいぶ異なっていました。が、9.11以後のネットを通じてみたアメリカの様子が垣間見れたような・・・。もう少しアメリカ文学に詳しければ面白かったのかな。

2011/10/31

yamikin

アメリカのネット社会はこんなかんじ

2005/04/06

感想・レビューをもっと見る