読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルポ 改憲潮流 (岩波新書)

ルポ 改憲潮流 (岩波新書)

ルポ 改憲潮流 (岩波新書)

作家
斎藤貴男
出版社
岩波書店
発売日
2006-05-19
ISBN
9784004310143
amazonで購入する

ルポ 改憲潮流 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hatayan

2006年刊。権力の暴走に歯止めをかけるはずの現行の憲法を作り替えようとする政財界の動きを報告。 世襲議員に色濃く残る「国民の命が守られるなら多少犠牲が出るのはやむを得ない」とする為政者の本音。安全保障への価値観が日米で同じと言い切ることはもはや憲法9条を放棄したようなものと指摘。改憲に時間を要すると判断した政権は2014年に集団的自衛権の行使を可能にしました。 住基ネットや改憲に一貫して批判的な著者の煽りがやや過ぎる感はありますが、安倍政権以前から改憲が活発に論議されていたことがわかる一冊です。

2019/11/19

おかむら

10年前の本ですが、自公で三分の二超えちゃった今読むと潮流の勢いが恐ろしいです。日本会議勢力による改憲とは別に財界による改憲のことがわかって(今頃ですが)、政財界のエライ人たちだけで国を動かしてるのなーと改めて思わされたよ。あと特高警察のこと、日本軍の重慶爆撃のこと、台湾蕃族(先住民)の抗日事件のことなど、もっと色々知りたいこと出てきた。

2016/08/23

kinkin

憲法、これからどうなるのか・・・、憲法の解釈変更を閣議決定、これはやっぱりおかしい。内容は私には難しかったが、なんとか終わりまで読めました。世の中は右に傾きが大きくなってきたにかな。

2014/07/06

coolflat

初版は2006年。いわゆる第一次自民党憲法草案に関する様々な動きを追っている。財界の動きが興味深い。9条を見直したい理由として、自国の防衛より、市場経済秩序維持のための国際協力・国際貢献に重点を置く。これは旧来右翼による復古調的な主張とは違う。軍需景気だけを当て込んだものとも異なる。2015年の解釈改憲を読むと分かるが、この解釈改憲は復古的右翼の考えではなく、財界の考えに沿っている。復古的右翼の代表みたいに言われる安倍だが、安倍自身は復古的右翼を利用しているだけにすぎなく、財界の操り人形だというのが分かる

2016/06/10

ひかりパパ

安倍内閣発足以降急速に改憲側の動きが活発化してきた。安倍内閣は戦後レジームの見直しの最大の眼目が憲法改正。ただ憲法改正は戦前の復帰を意味するものであり、戦後のサンフランシスコ体制の否定につながり米国が全面的に認めるかは疑問である。行き過ぎた戦前復古回帰に圧力がかかるかも。 国内の護憲勢力からの反発はもちろん、海外から中国、韓国、そして欧米からの批判を浴びることも十分あり得る。

2014/11/02

感想・レビューをもっと見る