読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

写真を愉しむ (岩波新書)

写真を愉しむ (岩波新書)

写真を愉しむ (岩波新書)

作家
飯沢耕太郎
出版社
岩波書店
発売日
2007-11-20
ISBN
9784004311065
amazonで購入する

写真を愉しむ (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

写真展を体感する「見る愉しみ」、写真集を読み解く「読む愉しみ」、写真を使って表現する「撮る愉しみ」、写真コレクションを作る「集める愉しみ」の『写真を愉しむ』ための本。あまりにふつうのことが書いているので、読む愉しみが見出せなかった。

2013/05/26

C-biscuit

図書館で借りる。タイトルにもある通り、愉しむための考え方や見方が紹介されている。写真というものをどのようにとらえるかであるが、著者は撮影のセンスがなく、評論家の方に回ったということで、撮影技法等についてのコメントは少ない。展覧会や過去の作品や写真集など多岐にわたり紹介してされている。その中にもイロハ四十八文字の「写真家の心得」(安井仲治)が面白い。戦争中のことであるが、「夏の暗室出たとこよろし」など時代を感じさせる心得である。そして、プリクラまでカバーする内容。今の時代に生きる人はとても写真が身近である。

2020/06/19

おとん707

写真の本は沢山あるがその多くは撮影技術やカメラに関する本だ。そんな中で写真を「愉しむ」ことに焦点を当てた本は少ないと思う。著者は大学で写真を学びプロの写真家を目指したが写真家には向いていないと自覚して諦め写真評論の道を進んだとの事。展覧会や写真集の愉しみ方を語り、さらにはコレクションに話は及ぶ。撮る愉しみにも触れているが、技術論ではなく自分流の愉しみ方をどう見つけるかが語られる。アマチュアは制約に縛られないのでプロより自由な愉しみ方があるという指摘に深く納得する。芸術としての写真の奥深さに気付かされた。

2020/04/29

bittersweet symphony

飯沢耕太郎さんは雑誌「DEJA VU」編集長や東京都写真美術館の初代館長(仮設建物で始まった)として、学生時代からこのジャンルの水先案内人のような方でした。著作としては日本の写真家25人の評論集「写真とことば 写真家二十五人、かく語りき」(集英社新書)以来となります。この本は写真表現に対する4つのアプローチについて、具体例も盛り込みつつ解説するもの。内容的にはもっと若い人またはリタイヤ組向けと言う感じですが、写真と言う媒体のキャパシティの広さを感じるという意味ではよいガイドブックになっているのでは。

2008/03/17

Kazuhisa Hirao

写真の撮り方の本はたくさんあるが、これは書名の通り写真の愉しみ方の本である。作品としての写真を愉しむということをやらない訳では無いが、絵画の様に気合いを入れて取り組んだ事はなかったので、このように愉しむのねとちょっと納得。 写真もコレクションすると結構高いねとややびっくり。フォトカード的なものしか買ったことが無かったので。

2012/01/12

感想・レビューをもっと見る