読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本の同時代小説 (岩波新書)

日本の同時代小説 (岩波新書)

日本の同時代小説 (岩波新書)

作家
斎藤美奈子
出版社
岩波書店
発売日
2018-11-20
ISBN
9784004317463
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本の同時代小説 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zero1

文学はどこへ向かう?主に60年代からの小説を解説。超人的な読書量でないとこの本は書けない。戦争にテロ、貧困に右傾化。小説は時代や政治を反映している。売れなくてもこうした本は必要。読むべき作品が多く見つかり参考になった。各作品の紹介は短いが、手軽な新書なのでこれでいい。ただ後半はあらすじを追うだけで文章に瑞々しさを失い退屈。必要なのは文学論。レビューを書く際、「歴史小説」と「時代小説」(まったくのフィクション)の区別には注意したい。読書人にとって待望の本なのにレビュー123件とはもったいない。それが残念。

2019/10/15

harass

ひいきの批評家の新書。1960年代から2010年代まで、10年ずつの社会風潮とそれぞれの代表的な小説を紹介する。小気味よく論じていくのはいつもの著者。すでに正統的な文学が怪しくなっている昨今で、文学史、最近のものが中心で、手に入りやすくこの薄さでまとめた本は他に見たことがなく、大学の教科書の定番になるのではないかと。小説好きにもぜひ。購入するつもりで、途中から軽く飛ばしつつ読んだ。反論やツッコミはあるかもしれないが、たたき台として。おすすめ本。

2019/02/10

ずきん

1960年〜10年ごとに括って、日本文学を解説したガイドブック。社会背景との関係分析が、明確で面白い。モヤモヤと感じてたことを、キッチリと言葉にしてもらう爽快さ。一刀両断の痛快さ。この著者とは相性がいいんだろうなあ。非常に面白かった。これは買い。

2020/07/22

キムチ27

図書館で見つけた「このミステリーが酷い」よりこちらの方が面白そうなので読み始めたが 新書と言え、中身が濃い!凄い面白い!この薄さなのに 1960年から2018年までの文学史を筆者ならではの軽いタッチで俎上に載せている。私自身、純文学嫌いとは言え「オープンエンド」が好きな為 たまに読む程度。ヘタレ知識人から始まったルーツの解説は同感。同時代文学史というには言い過ぎ?そう言うと「現代思想史」に通じそうで、突っ込みが入りそう。今の時代、ディストピアがテーマというがやや 違和感あり。今はコロナ社会ビフォーアフター

2020/10/16

やいっち

著者の価値観、好悪がはっきりしているのがいい。明治などの私小説には手厳しい。時代が現代に近付くほど、書き手の年齢が若いほど(というより、著者の年齢に近いほどか)、親近感を以て批評する。明治などのへたれ文士だって苦悩していたと思うのだが。それにしても女性作家も含め、それなりに読んできたつもりだったが、情けないほど読んでいないことを思い知らされた。

2019/10/10

感想・レビューをもっと見る