読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

平成経済 衰退の本質 (岩波新書)

平成経済 衰退の本質 (岩波新書)

平成経済 衰退の本質 (岩波新書)

作家
金子勝
出版社
岩波書店
発売日
2019-04-20
ISBN
9784004317692
amazonで購入する Kindle版を購入する

平成経済 衰退の本質 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

日本経済の平成時代の状況をよく分析している良書であると思います。私が普段から思っていることを歯に衣を着せず書かれていて旨がすっきりします。やはり経済ではこの方、一般的な点では丹羽宇一郎さんあたりが本当のことを言っているのでしょう。マスコミがほとんど今の政権になびいている状況でこの分析は貴重なものです。本当に新しい産業分野や構造改革を行わないと年金を補うにはは2千万どころかもっと多く必要になるのでしょう。

2019/07/11

佐島楓

小泉改革とアベノミクスによる功罪は大きい。日銀の金融政策が末期的であり、外的要因によりバランスを崩せば恐慌に陥る可能性を考えると一刻も早い改善が求められるのに、誰も見て見ぬ振りをしているように感じられるのはどうしたことなのか。日本はこんな無責任国家で良いはずがない。

2019/04/23

ゆう。

平成の30年は「失われた30年」です。安倍政権は自らの成果をいろいろといいますが、国民の暮らしはけっしてよくなっていません。むしろ苦しくなっています。著者はなぜこのような社会になったのかを問います。令和になったら時代が変わるかのようにいわれますが、本質が変わるためには政治が変わらないといけないと思いました。

2019/06/27

skunk_c

周回遅れの経済政策で、すべて後手に回ったことと、リフレ派の金溢れ政策について厳しく指弾する。また、ヴィジョンのない政治と、破綻した金融機関や、東電などの無責任体質の問題点も指摘。ただしいわゆる「縮小経済」では危機的状況に陥ると、必要な成長は目指すべきと、現実的な面もあるが、その成長やら「豊かさ」の基準は今ひとつよく分からなかった。現総理批判は痛快。ただし、提言の中にある「中学校完全給食」には疑問も。根拠不明でどこかの党派の受け売りに思えたのはマイナス。ともかく現政権支持者はこの批判に真っ向勝負するべき。

2019/08/14

壱萬弐仟縁冊

他の本屋で入手できず、GWになってようやくゲット。他著https://bookmeter.com/books/5136399 の続編のような今日的課題をも分析対象としている良書。特に気になったのは、やはり、消費増税問題。クレカ支払いで得する/しない(129頁~) 二分されるのは大いに問題と思う。本書の構成として、単なる現政権批判の書にとどまらず、対案、政策提言を第5章で明記していることである。どれも傾聴に値するが、国政調査権を使い、国会での証人喚問をして言い逃れされない、

2019/05/05

感想・レビューをもっと見る