読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大岡信 『折々のうた』選 短歌(二) (岩波新書)

大岡信 『折々のうた』選 短歌(二) (岩波新書)

大岡信 『折々のうた』選 短歌(二) (岩波新書)

作家
水原紫苑
出版社
岩波書店
発売日
2020-03-21
ISBN
9784004318149
amazonで購入する

大岡信 『折々のうた』選 短歌(二) (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

大岡さんの折々のうたから水原さんが選んだ短歌の第2集です。1と2で「四季の歌」「恋の歌」「人生の歌」と分けて古今集の部立に倣ってまとめてくれました。大岡さんの解説が再度読んでも簡潔でわかりやすさがあります。このように日本の短歌を一覧で鑑賞できるのは至福のひと時です。水原さんの解説も楽しめます。

2020/05/22

糸くず

「どれほど中身が新しくとも、三十一音の短歌定型自体は、千三百年前から、抒情に濡れた七七の共鳴装置で、共同体の意思に唱和し続けて来た権力の器である。夥しく作られた戦争協力の歌は言うまでもない。一首の歌を詠むごとに、私たちは、その器の根源的な闇を自覚して抗わなければならないのだ。」第二巻の「人生のうた」の部は、まさに「権力の器」である短歌が持つ「根源的な闇」への抵抗の記録。苦しければ小声で歌ひゐし君も記されむ唯手術死の一例として(相良宏) あしざまに 国をのろひて言ふことを 今の心のよりどころとす(釈迢空)

2020/05/21

感想・レビューをもっと見る