読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プチ革命 言葉の森を育てよう (岩波ジュニア新書)

プチ革命 言葉の森を育てよう (岩波ジュニア新書)

プチ革命 言葉の森を育てよう (岩波ジュニア新書)

作家
ドリアン助川
出版社
岩波書店
発売日
2014-07-19
ISBN
9784005007790
amazonで購入する

プチ革命 言葉の森を育てよう (岩波ジュニア新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テクパパザンビア

面白かった。名詞の森、言葉の森を育てて私もプチ革命を起こしてみようと思います。

2017/10/25

瀧ながれ

自分の興味があることについて、名詞を集めて、自分だけの「言葉の森」を作ろうと、提案する本。「人間は区別がつかないものに対しては、呼び名を持ち得ません。」「感情に対して三つの言葉しか持てない人は、三つの感情しか区別がついていないと言えます。」という文章にトリハダが立った。言葉の少ない人でいたくないな。自分の言葉の木を集めて、豊かな言葉の森を作らねば。

2014/12/15

昔からコンスタンスに読書してきたはずなのに、いざ文章を書こうとすると、まったくそれを生かせない私。言葉を重ねるほどに伝えたいことから遠ざかる。言葉って吸収して放置じゃダメですね。たとえ拙い文章だったとしても、せっせと使っていかないと自分のものにはできない。毎度感想埋めるのに、1時間!かけてる私ですが、この言の葉の積み重ねが、やがて言葉の森になればいいと頑張ってます♪

2015/01/23

はづき

『あん』を読んで、作者に興味を持ったので、読んでみました。 言葉とは、差違を感じる力、言葉の森から吹く風が背中を押してくれるときがある等の前半は興味深く、後半のインタビューはいろんな方がそれぞれなりのクリエイティブな部分を語っていて、刺激的。 ただそれは、その人たちだからなんじゃないかなとも。だからがんばろう的なわけには行かないなぁ。

2015/10/30

kakoboo

自分の得意・興味のある分野についての言葉の種を蒔いてそれを育てていく。豊かな言葉を使うことは豊かな生き方につながる。インタビューしている様々なフィールドの人々の言葉の位置づけがいろいろ異なっていたのが印象的でした。 何か専門の勉強をする→常識の幅を上げる(弁護士) 時には丸暗記も大事 今役立たなくても今覚えたことがいつか役立つときがある(サーカス招聘者) さすがはドリアンさん。私も自分のことばの森を育てていこうと思います。そのためにはまず強みを作っていこうと思います。

2015/01/12

感想・レビューをもっと見る