読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

屈折万歳! (岩波ジュニア新書)

屈折万歳! (岩波ジュニア新書)

屈折万歳! (岩波ジュニア新書)

作家
小島慶子
出版社
岩波書店
発売日
2015-09-19
ISBN
9784005008131
amazonで購入する Kindle版を購入する

屈折万歳! (岩波ジュニア新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読メ第7世代・寺

元TBSアナウンサー・小島慶子が少年少女に向けた自伝的メッセージ。私は小島慶子が好きである。多分年齢は同級生になるはずだ。その小皺も含めて本当に素敵な女性だと思う。幼い頃からの家族との軋轢。周囲との軋轢。育つ過程で親に抱かされた偏見と劣等感。精神を病む程悩んで悩んで優しくなった女性がここにいる。だからこの人はあんなに素敵な笑顔で笑うのだと痛感。私はたまに思うが、宗教者の開いた悟りよりも、現代人が現実と格闘して泣きながら考えて掴んだ幸せの方が尊いと思う。これは本当に素晴らしい一冊。お勧めである。

2015/11/03

miu

小島慶子さんが、これから大人になって社会へとこぎ出る10代に向けての本。。。なんだけど!わたしの中の大人になりきれていていない部分が激しく共鳴。自分たちは偏った集団の中に身を置いているということ。家族との関わり方。自立。そして人は必ず変わるということ。わたしはこの年でようやくこの思考に辿り着いた。でも遅すぎるなんてことはない。気付いたときからシフトチェンジすればいいのだから。

2016/08/22

よしひろ

「失敗礼賛」の著者でもある。摂食障害など、さまざまな人生の苦難を経験しながらも、自分と向き合い、人生を力強く歩む勇気をくれる一冊。

2016/04/10

いわっこ

私にとっての大人になるっていうのは、私は私で自分の苦しさ、幸せを感じてていい、そのことを人にどう思われるか、知ったことではないと、まるごとの自分を受け入れることかなと感じつつ。

2015/12/18

やまめパンジー

図書館のティーンズコーナーで発見。思春期反抗期真っ只中の息子に読ませたところ「ママこそ読むべきだ」と言われて読了。うーむ、私があれこれ指示することをゴーマン母!と訴えたかったのか‥。 私自身、厳しい母の呪縛の中で育ったので 共感するところと息子から自分に向けられた言葉に戸惑うところと両方です。シフトチェンジしなくては。。

2017/09/26

感想・レビューをもっと見る