読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジャーナリストという仕事 (岩波ジュニア新書)

ジャーナリストという仕事 (岩波ジュニア新書)

ジャーナリストという仕事 (岩波ジュニア新書)

作家
斎藤貴男
出版社
岩波書店
発売日
2016-01-21
ISBN
9784005008223
amazonで購入する

ジャーナリストという仕事 (岩波ジュニア新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フム

図書館の児童書の新刊コーナーで目にして借りた。若い人向けに、ジャーナリストの仕事はどんなものか、なぜ必要か、ジャーナリズムとは何かを話すという趣旨の本。前半は柔らかな語り口で、筆者の記者としての経験が具体的なエピソードを交えて語られていた。それが後半に向かうに連れて、昨今のジャーナリズムの危機的な状況に話が及ぶ。権力の監視者であるはずのジャーナリズムが権力にすり寄っていく現状への危機感。それはそのまま民主主義の危機につながっていく。児童書のコーナーだけに置くのではもったいない本。

2016/03/10

どら猫さとっち

ジャーナリストとして活躍中の著者による、これまでの取材や、ジャーナリズムの在り方を、若い世代に向けて語った一冊。これはメイキング・オブ・斎藤貴男の趣があって、彼自身の人生を交えている。現在ジャーナリズムは、大きく揺らぎを見せて、肝心な情報さえ届かないという非常事態にまで至ろうとしている。斎藤さんには、これからのジャーナリズムの大きな指針であって欲しい。この国のメディアを正して救うために。

2016/02/10

すがの

ベテランのジャーナリストが、若い人たちに向けてジャーナリストいう仕事を説く。自分の半生を振り返ることに多くの紙幅が割かれており、自伝的な要素も強い。しかし、本書の全体を通底するのは現在の状況に対する「危機感」であり、そうしたアクチュアルな「危機感」を追求する仕事こそがジャーナリズムというものなのであろう。/著書が産経系列の新聞社、文春の記者という経歴を持っていたことにはやや驚いた。

2016/02/03

光太郎

ジュニア向けとはいえ、面白かった。業界新聞や文春のスクープなど

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る