読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

過労死しない働き方――働くリアルを考える (岩波ジュニア新書)

過労死しない働き方――働くリアルを考える (岩波ジュニア新書)

過労死しない働き方――働くリアルを考える (岩波ジュニア新書)

作家
川人博
出版社
岩波書店
発売日
2020-09-19
ISBN
9784005009244
amazonで購入する Kindle版を購入する

過労死しない働き方――働くリアルを考える (岩波ジュニア新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

話題の本を読みました。ジュ二ア向けレーベルだけど大人にもおすすめ♪ ■日本の労働環境の劣悪さは「KAROSHI」として世界に知られ、国連から日本政府に対し「過労死を無くせ」と異例の勧告も出されています。■日本では明治大正期から過労死が頻発してたけど、今の様に全国的に、そしてどの業界にも隈なく過重労働が行き渡ったのはバブル期とその後の不況期から。近年はパワハラも熾烈を極めています。■今 職場が辛い人、そして「日本の労働環境の劣悪さ」と言われてもピンと来ない人は、特にこの本必読です✩⡱(2020年)(→続

2020/10/27

とよぽん

労働者の人権がこんなにも軽く扱われる日本という国。なぜ? 1990年代初頭、バブル経済崩壊後、過重労働・長時間労働が若年労働者において増えてきた。さらに、職場では若者をサポートする力が弱まって、労働組合も骨抜き状態。経済効率だけの問題ではない。公立中学校で教員をしていた私は、ひどいときには月140時間以上の時間外勤務をしていた。顧客(消費者)と労働者、どちらの権利(便宜)を重要と考えるか、見直すべき。労務管理は誰のため? 働く者の命と健康を守る!もうこれ以上過労死する人がなくなるように。良書です。

2020/11/03

コニコ

10代向けの本で過労死?と思ったが、実際に社会に出て働く前に、働き方の大事さをこの本は教えてくれている。20代の若い命が失われた事例がリアルに綴られていて、真面目で一生懸命だったからこそ身体もこころも疲れ果ててしまった状況が胸をつく。本人が助けを求めること、周りが追い込まないことを痛烈に感じる。若い人にぜひ読んでもらいたい。

2020/10/07

崩紫サロメ

岩波新書『過労自殺』の著者が過労死・過労自殺の問題を中高生に向けて語ったもの。高橋まつりさんなど、具体的な過労死・過労自殺の例を取り上げ、どのようなことが起こっているかを説明し、後半では義務教育・高等教育の段階から労働について学ぶことが過労死をなくしていく鍵だと説く。これは学生自身というより、教育者に対するメッセージの面が強いだろう。著者自身、全国の学校で過労死防止啓発授業を行っており、その具体的な取り組みが紹介されているのは勉強になった。

2020/11/17

lily

「プロフェッショナル」にも出演した著者の働き方案内書。岩波ジュニア新書だけに読みやすく、入門編という感じ。国家的な事業だから、上から命令されたからという理由で命を削り働くさまは、柳田邦男が「抑圧の移譲」という言葉で表現したように、旧日本軍の精神主義に深くかかわる部分がある。憲法に掲げられた労働者の権利を蟻の目線で泥臭く活躍する著者に頭が下がる。電通の鬼十則を天使十則に、現代版雨ニモ負ケズを創作させる元同僚の先生の授業実践もさすがの一言。

2020/10/30

感想・レビューをもっと見る