読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カウンセリングの実際―“心理療法”コレクション〈2〉 (岩波現代文庫)

カウンセリングの実際―“心理療法”コレクション〈2〉 (岩波現代文庫)

カウンセリングの実際―“心理療法”コレクション〈2〉 (岩波現代文庫)

作家
河合隼雄
河合俊雄
出版社
岩波書店
発売日
2009-07-16
ISBN
9784006002213
amazonで購入する

カウンセリングの実際―“心理療法”コレクション〈2〉 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きょちょ

昭和40年代に書かれた本だが、カウンセラーそしてカウンセラーを目指す人にはとても良い本。 人の話を「聴く」ことがなぜ難しいのか良く理解できる。 しかし、カウンセリングは「聴く」ことは大事だがそれだけではない。 従って、型にはまったやり方だけでは通用しない。 仕事をマニュアル的にとらえる人は、カウンセラーになるべきではない。 何故ならクライアントは人間なので、一人ひとり異なるから。 そしてカウンセラーになるには相当の覚悟が必要だ。 河合先生ほどの覚悟を持てる人が一体どれくらい現実にいるだろうか? ★★★★

2020/08/15

マル

河合隼雄先生が実際に行ったカウンセリングを例に挙げて、とても丁寧にカウンセリングとはどういうものかを説明してくれております。本書の中でも河合先生が言及されておりますが、カウンセリングというお仕事は本当に難しいものだということが分かりました。しかし、カウンセリングという職業ほど現在の日本社会に必要なものはないのではないかとも思います。カウンセラーは自らの全存在を懸けて患者さんの話に耳を傾ける職業だそうで、その姿勢によって患者さんは悩みを解消していくことができるそうです。ですが、毎回成功するということは(続く

2015/12/10

reduce

難しいけど面白い。

2016/04/29

のんき

カウンセラーへの入門講座として講演されたもの。カウンセラーがすることは「ひたすらクライエントの話に耳を傾けて聴くこと」だとまず示し、それはどういうことかが順を追って説明されていく。それだけと言っていってしまえばそれだけなのだけれど、それはむちゃくちゃしんどいお仕事なのだということがわかる。しかしそれだけに、うまくいったときの喜びの大きさというものも伝わってくる。凄いお仕事があるものだ。

2009/10/09

井上智華

4度も5度も大学のカウンセリングにかかってはなんとなく行かなくなってしまった経験があるからこそ、カウンセリングする側の覚悟や難しさを書いた本に出会えてよかったかも。当時の先生がたには申し訳ないけれど、この本を読んで、私がカウンセリングを中断してしまったのにも意味があったのだと納得する部分があった。

2010/08/25

感想・レビューをもっと見る