読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生と死の接点―“心理療法”コレクション〈3〉 (岩波現代文庫)

生と死の接点―“心理療法”コレクション〈3〉 (岩波現代文庫)

生と死の接点―“心理療法”コレクション〈3〉 (岩波現代文庫)

作家
河合隼雄
河合俊雄
出版社
岩波書店
発売日
2009-09-16
ISBN
9784006002220
amazonで購入する

生と死の接点―“心理療法”コレクション〈3〉 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Uncle.Tom

河合隼雄が語る死生観について知っておくと面白いかもしれない程度で読み始ましたが、想像以上に魅力的な内容でびっくりしました。基本的には臨床心理学が基盤に据えられてることはもちろんですが、そこから心理学と宗教学の結びつきが感じられ興味深かったです。特に、イニシエーションという通過儀礼は現代では忘れられがちなものです。が、それは人間としての成長過程の区切りとして必要不可欠なもの。ほぼ全ての宗教に見受けられるのも頷けます。また、人生全体を包括的に捉えるライフサイクルの観点からも通過儀礼の意義を感じさせられます。

2019/10/15

Uncle.Tom

世界中に存在する宗教に通過儀礼が見られることから分かるように、人には何らかの意義深い節目が必要です。人はその節目において象徴的に一度死に、そして新たな存在として再生します。その過程は全く個人に根差すもので、周囲からすれば病的にも見えるかもしれません。しかし、これは絶対的に人に必要な要素なんですね。現代ではやたらと社会性、社交性が重視されがちです。それために、ひきこもりやニートを攻撃しすぎな気がします。が、本書を通読するとそれがいかに危うい軽率な言動であるかが分かります。是非ともニートを肯定する社会に!

2019/11/02

にたす

仏教、錬金術、演劇などのバラバラな知識が上手くまとめられていく一冊でした。他のところで知っている情報をこう繋ぐとこうなるのか、という。第七章は言葉が難しいので再読の必要があるかも。

2010/03/04

のんき

「死を考えるためには、生を考えねばならない」というところから、ライフサイクル、元型としての老若男女、老いについて論じられる。更に、現代の社会・文化的状況を境界例という現象を通じて述べていく。扱っている事柄が大きすぎて簡単に感想など書けない一冊でした。

2009/11/02

マル

河合さんの著書を十数冊ほど拝読してきましたが、読めば読むほど心理療法とは本当に難しい仕事だなと思わされます。心理療法家の人は何故こんなに困難な職業を選ぶのか、それが不思議でなりません。どこかで養老孟司さんが「人は一直線に考えたように考えたことを話す」と語っていましたが、それは「言葉になる」ということも同じなのかなと思いました。「言葉になる」ということは、その時点で既に「言葉にならなかったもの」がその背後に存在することを意味していると思います。言葉と沈黙、そのどちらも大切にする心理療法はとても奥が深いです。

2015/08/12

感想・レビューをもっと見る