読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

源氏物語と日本人〈〈物語と日本人の心〉コレクションI〉 (岩波現代文庫)

源氏物語と日本人〈〈物語と日本人の心〉コレクションI〉 (岩波現代文庫)

源氏物語と日本人〈〈物語と日本人の心〉コレクションI〉 (岩波現代文庫)

作家
河合隼雄
河合俊雄
出版社
岩波書店
発売日
2016-06-17
ISBN
9784006003449
amazonで購入する

源氏物語と日本人〈〈物語と日本人の心〉コレクションI〉 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mm

久しぶりに河合隼雄さんの著作を読んだ。心理療法家だけあって、本を読むだけでも癒されるわと以前思っていたものだ。今思えば、私のどの部分が河合さんの文章によって、つなぎ合わされていたのかがわかるような気がする…私も少しは自己実現のプロセスを進めているのね。この著作は源氏物語に紫式部な内的世界がどのように反映されているかについての、興味深い分析。彼女は光源氏の物語を書こうとしたのではなく、彼女の中にあるいくつもの女性像をいくつかのキャラに分けて描いた曼荼羅と見ている他、宇治のトポスとか凄く面白い視点多し。

2017/02/01

マーブル

筆者はこの著作により『源氏物語』を女性の目で見直そうと試みている。男性の目は構造を明らかにし、女性の目は全体の構図を見るとも語るが、だからと言ってその性差による特徴を持って女性の目で見ることが有効とだけ考えたのではないようだ。この作品に登場する女性たちは紫式部の分身であり、光源氏は狂言回しに過ぎないとする。瀬戸内の現代訳の最終巻を読んだとき、私も薫と匂宮が主人公と言うよりも浮舟の物語では、と考えてはいたのだが、すべての女性がそうとまでは思わなかった。先日読み終わったばかりではあるが、また読み直したくなる。

2019/01/08

matfalcon

はちめ君、一言で!宇治十帖に向けて母・妻・娼・娘のそれぞれの独自の色をもつ藤壺、女三の宮、弘徽殿の女御などの女性を遍歴する光源氏(といってもローラースケートは履かない)を触媒にして、「個人」浮舟へと昇華(結晶化)する女性を描いたのが『源氏物語』。そのさまを南方熊楠が喝破した曼荼羅に擬した著者の眼力。東寺に巨大な立体曼荼羅があるが、はちめ君も一度、圧倒されるとよい。あ、一言ちゃうなぁ!

2016/08/25

はちめ

一言では表せないが大変面白く参考になった。例えば生き霊ともののけの現代的かつ臨床的な解釈など著者ならではの説明で眼から鱗の感がある。こういう本が読めるためにも、源氏物語読んでて良かったということになる。

2016/07/02

感想・レビューをもっと見る