読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

はじめての政治哲学 (岩波現代文庫)

はじめての政治哲学 (岩波現代文庫)

はじめての政治哲学 (岩波現代文庫)

作家
デイヴィッド・ミラー
David Miller
山岡 龍一
森達也
出版社
岩波書店
発売日
2019-04-17
ISBN
9784006004033
amazonで購入する

はじめての政治哲学 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スプリント

政治哲学を知るにはよいとっかかりになる本です。

2019/09/29

MrO

帯に「政治を考える時の最初の手掛かりのために」と書いてあって、内容的にも、たしかにそうなのだが、私には訳文が硬すぎた。あとがきでも、翻訳調にならないように心がけたと書いてあるが、それでも翻訳ってこうなってしまうのだなあと感じた。最後に、訳者の全体の解説が載っているが、この文章の流暢なこと。原作者の書きたいことを、ほぼ意訳というのでは、翻訳者はいけないんでしょうね。

2019/08/11

ジエチルエーテル

分析的政治哲学者が現代の政治哲学における主要な概念・原理をまとめた本

2019/08/15

これが「分析政治哲学」か。

2019/07/27

葉っぱ

個人間正義と社会正義の区別や、政治的領域と私的領域の間の線引きをフェミニズムと多文化主義に当てはめる議論がしっくりきた。面白かった。

2019/05/07

感想・レビューをもっと見る