読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫)

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫)

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫)

作家
清水義範
出版社
岩波書店
発売日
2013-11-16
ISBN
9784006022303
amazonで購入する

ドン・キホーテの末裔 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hal_439ki

ドン・キホーテは中学生の頃一度読んだことがあった。図書館で借りてきてその日のうちに読んでしまい日記に書いたのを覚えている。それほど魅力的な作品だったのだろう。だからこれを読んだときドン・キホーテが頭の中に蘇った気がしたのだ。ただ原作を読んでいなくてもこの話は楽しめる。きっと小説を書く者、読む者、また好む者なら楽しめるのではないかと思う。 入れ子構造でありつつも物語がそこで止まっているのではなく動的なものであり続けるからこそ小説は揺さぶられ面白いものなのだろう。

2018/08/14

KAZY

面白いんだけど読みにくいと思ったら最後にこんなどんでん返しがあろうとは。やられた感はあるもののちょっと物足りなさも。これが「建設的空中分解」なのか。

2015/03/21

Hitomi Suganuma

本当はハードカバーでよんだんですが 清水さんらしい文で心地よく読めました

2020/03/20

mi ya

素晴らしかった。前半はドン・キホーテがどういったものなのかを登場人物の小説で説明をし、後半にドン・キホーテ独自の構造を更に自分の小説に落とし込み物語を構築する技量は圧巻。そこまでが『ドン・キホーテ』なのかと痛感できる。最後まで読み進めたら、なぜ今もなおドン・キホーテが愛読されているか納得が出来るであろう。

2018/12/04

感想・レビューをもっと見る