読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代語訳 竹取物語 伊勢物語 (岩波現代文庫)

現代語訳 竹取物語 伊勢物語 (岩波現代文庫)

現代語訳 竹取物語 伊勢物語 (岩波現代文庫)

作家
田辺聖子
出版社
岩波書店
発売日
2014-01-17
ISBN
9784006022341
amazonで購入する

現代語訳 竹取物語 伊勢物語 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。昔古文で馴染んだ物語をこうしておせいさんのユーモアある訳文で読むとまた世界が広がりますね。

2018/04/15

Mijas

【古典を読む】田辺聖子さんの現代語訳は楽しい。『竹取物語』では、かぐや姫の「つんとした」キャラクターが際立ち、ユーモアを交えて「恥すて」「魂さかる」「あえなし」「たえがた」「かいがない」話を「わははははは」と語る。今までの竹取物語のイメージと違った。かぐや姫は天の羽衣を着せられた途端、人間の喜怒哀楽の感情や欲望が渦巻く「穢い人間世界」とあっさり決別する。原文は一部のみ掲載。カラーの図版があり、小林古径の描いた竹林や青い富士が印象に残った。『伊勢物語』も田辺さん訳による「男」の心情を和歌が味を効かせている。

2017/03/03

yuki

『から衣/きつつなれにし/つましあれば/はるばる来ぬる/たびをしぞ思ふ』—伊勢物語・都鳥

2015/02/10

book_daily_yt07

日本最古の物語「竹取物語」と在原業平が主人公の「伊勢物語」の現代語訳。 竹取物語は、かぐや姫に求婚する5人の皇子が難題に挑む姿ってこんなにも滑稽だったのかと驚いた。一方、伊勢物語は業平の恋話だけでなく、男の友情や藤原氏への僻みもあり、イメージが覆った。高校の時に読んでいれば…。

2021/05/25

りー

「竹取り物語」、貴公子の試練がいづれも駄洒落でオチがついているのは知らなかったので、私も読みながら「わはははは!」と。でも、石上麻呂足はちょっと可愛そうじゃないかしら・・・。王朝の女たちは、どんな気持ちで読んだのでしょう。/伊勢物語、本当にあらゆる歌のパターンが収録されていて、知らねばバカにされたりしたんだろうなー。先に読んだ田辺さんの『むかしあけぼの』で、清少納言の名前“海松子”でしたが、75段の、物にしにくい女「大淀の 浜に生ふみてふ みるからに 心はなぎぬ 語らはねども」のくだりから付けたのかな?

2019/02/17

感想・レビューをもっと見る