読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三毛猫ホームズの遠眼鏡 (岩波現代文庫)

三毛猫ホームズの遠眼鏡 (岩波現代文庫)

三毛猫ホームズの遠眼鏡 (岩波現代文庫)

作家
赤川次郎
出版社
岩波書店
発売日
2015-01-16
ISBN
9784006022570
amazonで購入する Kindle版を購入する

三毛猫ホームズの遠眼鏡 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たっきー

「図書」の連載をまとめたエッセイ。今の政治やネット社会、マスコミなどに対しての不安や不満について、赤川さんがストレートな意見を述べている。想像力の欠如した社会になっている今の日本がこの先どうなっていくのかということに赤川さんは不安を感じつつ、権力にすり寄ることなく、自身の意見を表明していくことの大切さを力強く訴えている。今の政治の進め方、目指す方向に疑問をもつきっかけにもなると思う。この本はもっと多くの人に読んでもらいたい。「人間と人間の関係の基本は、相手の立場に立つこと」。赤川作品は温かい。

2015/05/18

浅香山三郎

赤川次郎さんの随筆集。小説家としての赤川さんしか知らなかつたので、本書のやうな時評的なものを書かれたことが意外だつた。オペラ、クラシック音楽、文楽などを愛するやはらかい筆致と、いはば文化的なものを敵視する、或いは反知性的な風潮への厳しい指摘が同居する。スタンスは(戦争を経験した)小林信彦さんにも通ずるものがあるが、赤川さんの場合は、戦後生まれの世代から、現在の惨状を憂ひ、戦後社会の培つた価値を守らうといふメッセージが伝はつてくる。

2016/04/26

はかせ

作者の最近の作を表すようなエッセイ。その硬骨ぶりは近年あまりおめにかからないものであり、おもわずうなずくもの。自分が目をそらしてもまわりは変わっていくことを忘れないでいたい。

2015/11/19

niko-08

エッセイ。政治や社会情勢について書かれていて読んで良かった。ここまではっきりと書かれていても「うん?!そう?」と思わせないのはそれだけ訴えるものを感じたから。

2015/07/05

安瀬内喬

赤川次郎は中学生の時に沢山読んだ。「軽い」という認識だった。この随想を読んで、「軽い」のではなくて「かろみ」であったのだと認識を改めた。人間や社会に対する真摯な姿勢。多くの人に読んで欲しい1冊。

2015/02/04

感想・レビューをもっと見る