読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜長姫と耳男 (岩波現代文庫)

夜長姫と耳男 (岩波現代文庫)

夜長姫と耳男 (岩波現代文庫)

作家
坂口安吾
近藤ようこ
出版社
岩波書店
発売日
2017-10-18
ISBN
9784006022938
amazonで購入する

夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

近藤さんのコミックは以前岩波で出された漱石の「夢十夜」があります。怖さはあまりなかったのですが幻想的なイメージはあった気がしました。今度は同じ岩波から坂口安吾の二つの短編を出されています。両方とも読んだことはあるのですがすっかり忘れてしまっています。この本の姫と耳男のイメージは大部異なっている気がしました(うろ覚えですが)。まあ近藤さん独自の作品として楽しみました。内容は残酷ですが、近藤さんの筆致で残酷さが薄れている気がしました。

2018/07/13

師走しんどい・寺

坂口安吾の小説を近藤ようこが漫画化したもの。私は日頃、安吾贔屓を公言している者だが、この原作は未読であった。元は小学館から出た本だが、他の文庫より小さめな岩波現代文庫で読めて良かったと思う。私の掌の中の、大切な小さな物語になった。古代が舞台の残酷で切ない話。ラストはとにかく泣けてしまった。安吾が『文学のふるさと』で説いた事を実践した様な問答無用の寓話的世界。饒舌な安吾をセーブした近藤ようこの静謐が魅力的だ。読んだ人の大半は「耳男は私だ」と思うだろう。少なくとも私は「これは私の話だ」と思った。お薦めします。

2017/11/17

Vakira

近藤ようこさん、最近気になる漫画家。「ゆうやけ公園」や夏目漱石原作「夢十夜」が気に入ったので坂口安吾原作ではどんな感じ?っと興味が湧いて読んでみた。時代は平安時代の頃?「好きな物は呪うか殺すか争うかしなければならないのよ」仏師の怒りの感情が仏像に命を与える。気が入り込まなければ仏像ではない。芸術と命と死、姫と匠の仏師と奴隷女。「火の鳥 鳳凰編」、芥川龍之介の「地獄変」を思い出す。姫のムチャブリはオスカー・ワイルドの「サロメ」の様。淡々と絵は描かれるがその物語はかなり強烈。凄い物語を読ませていただきました。

2020/11/02

テイネハイランド

図書館本。坂口安吾の原作を近藤ようこ氏がマンガ化。「桜の森の満開の下」の後味の悪さが後をひいたのか、この作品も続けて読んでみました。近藤さんの絵はこちらの作品のほうが「桜の森」よりいきいきとしているように思えましたが、この作品もとても後味が悪く、私の場合は、この作品世界を美しいものと呼びたくはないなあというのが正直な感想です。

2018/05/19

bakumugi

原作は未読。ホラー全開な訳ではないのだが、何かよからぬことが起きそうな、読者を不安にさせるがトーンが常にあって、引き込まれる世界観があった。「魅」というものを巧く表した物語だ。「桜の森」も読もうと思う。

2018/07/07

感想・レビューをもっと見る