読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海うそ (岩波現代文庫)

海うそ (岩波現代文庫)

海うそ (岩波現代文庫)

作家
梨木香歩
出版社
岩波書店
発売日
2018-04-18
ISBN
9784006022983
amazonで購入する Kindle版を購入する

海うそ (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちなぽむ

熱気に立ちのぼる草いきれ、噎せ返る生命の気配に息がしづらい。カモシカのどこまでも透明な瞳、クイナの愛らしさに生命をいただいて。人間の采配の先にある大いなるものには、有り余る敬意を捧げたくなる。 信仰、足をつけて生きる日々、それらも変わってしまったものなのに、昔を愛惜することは人のエゴでしかないけど。 くらい黒い海、月がしんと静けさを与えたらひそやかにたらい舟を浮かべて。失われた、もはやどこにもない此処に帰りたい。 変わってしまった島ではなく、記憶のなかのそれに。あの草いきれを、海の静けさを肌で感じたい。

2019/08/14

ケイ

《生者が来るところではないところ》がある島。そこにフィールドワークをしにきた男の頭をよぎる逝ってしまった人達。なぜその島なのか、そこでなくてもそういった場所はあるだろうに。中途半端なところも残す作品だが、妙にまどろっこしい書き方の文章に、気づけば食らい付き、島の音にともに耳をすませた。学生時代に行った父島や、数年前に行った屋久島のイメージが重なって、この中の島となり、私の中に記憶された。

2019/06/15

sea&pink(しーぴん)

【平成の本棚・H.30】不思議なタイトルに惹かれ、まさに私の求めていた物語だといてもたってもいられず。冒頭の地図に心踊り、思っていた通りのいやそれ以上の物語だった。「決定的な何かが過ぎ去った後の沈黙する光景〜」に心を鷲掴みにされ…。廃仏毀釈によって失われたものたち。なぎ倒されたかそけきものたちの気配が残る島を巡る濃密かつ静謐な旅。50年後バブル開発で変わり果てたが海うそは変わらずそこにあった。おそらくそれから40年程経った今、そのレジャー跡地も廃墟となり風に吹かれ、海うそは静かにそこにあるのだろうか。

2018/05/08

ふう

植物が怖ろしいほどの熱気で山を包む南の島で、人々は自然と語り合いながら倹しく暮らしている、その営みのなんと美しいことでしょう。でも、生きるというのは変わり続けること。人も、動物も、地球を包み込む大自然も。変わり続けて大切なものが失われ、島の歴史もあちこちに潜んでいた何かも消えてしまいました。海うそだけが変わっていく島を見つめていたのでしょうか。みんなみんな生きた。その時の風に吹かれ、誰かを愛しみ、そして独りで…。雪の中で立ったまま凍死していくカモシカの哀しみを誰も助けることはできません。

2018/05/15

あおでん@やさどく管理人

島を探索しないと分からないような、濃厚な自然の息吹を味わった気分になったのは、梨木さんの筆力のなせる業。「海うそ」や「良信の防塁」、霊山となっている山々。自然と濃密に関わる人々が、そうしたものに畏怖を感じ、信仰・祈りの対象とするのも頷ける。むしろ、それほどの関わりがないと、そうした信仰の真意は見えてこないのかもしれない。

2018/07/26

感想・レビューをもっと見る