読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

黒雲の下で卵をあたためる (岩波現代文庫)

黒雲の下で卵をあたためる (岩波現代文庫)

黒雲の下で卵をあたためる (岩波現代文庫)

作家
小池昌代
出版社
岩波書店
発売日
2019-12-15
ISBN
9784006023140
amazonで購入する

黒雲の下で卵をあたためる (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kentaro mori

初めて読んだが素晴らしかった。詩とも小説とも読めるふしぎな感覚。⚫️へこみやくぼみに、ひとが惹きつけられるのはなぜなのだろう。白玉が仮に、つるりとした完璧な球でも、それはそれでじゅうぶんに美しい。そのようなかたちを十とすれば、へこみのあるものは九に減じる。しかしそれによって、エネルギーも生まれる。九には、「あとひとつ」という可能性が残っている。そこに力が生じているのだろう。⚫️梅が落ちる瞬間を、わたしは見たことがない。ぜひ見たいが、梅の木の前にじっと陣取っているわけにもいかず、奇跡的な偶然はそう簡単には

2020/01/31

感想・レビューをもっと見る