読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

夢十夜 (岩波現代文庫)

夢十夜 (岩波現代文庫)

夢十夜 (岩波現代文庫)

作家
近藤ようこ
夏目漱石
出版社
岩波書店
発売日
2020-01-18
ISBN
9784006023157
amazonで購入する

夢十夜 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケンイチミズバ

罪を背負って心の淵を彷徨い生きる男の話。どんな罪を犯したのかはっきりとはわからないが、酷いことをしたには違いない。人間は小さな罪なら日常的に消し去る。しかし人間は小さな罪でも必ず心に引っかかり後悔がある。罪は犯した時点で逃れられないし、償っても元には戻せないのか。先に読んだ「さいはての家」の年齢が離れた若い女との不倫の逃避行からそろそろ元に戻ろうと思い始めたダメ男が読んでいた漱石作品です。偶然にも勿論知らずに一緒に購入したのは何かの暗示でしょうね。十篇の夢の話。私も見るのは怖い夢か意味不明な夢が多いです。

2020/06/08

Vakira

原作は漱石さんの「夢十夜」。元祖ショートショート。「こんな夢を見た」で始まる。スピルバーグ提供映画、黒澤明の「夢」の冒頭の言葉はここから来たのか。30年前の映画が蘇った。しかしストーリーは全然違った。黒澤明の映像は兎に角綺麗で感動した思い出。当時はビデオを買ってしまった程。漱石さんのは身近な夢。素敵な映像は浮かばなかった。しかし,近藤ようこさん、いい絵です。コマ割りといい、金之助さんの表情といい、当時の街の風景といい、これなら漱石の夢とマッチング。漱石さんには申し訳ないですが小説よりも漫画で琴線響きました

2020/07/08

猫丸

絵になると「この人はそう見たか」という感じ方の違いがはっきりする。みんなが自分のイメージをヴィジュアル化する能力を持っていれば比較検討できて面白いと思うが、いかんせん僕などのように描画能力を欠く人間はそれもかなわない。

2020/03/26

山ろく

構成にスキがないのに読み手が大きくイメージを膨らませることができる小説を漫画にすることは、自分の頭の中をさらけ出すようなものだ。以前「五色の舟」で心地よい解題例を描いて見せてくれた作者だが、今回も広い空のコマや陰影が素敵だ。そしてあらためて実感したのは「漫画は早く読める」。決して長くはない原作だが一話一話が粒だっているので、漫画の一気読みで初めて一編の小説として口いっぱい頬張ることもができた気がした。行ったり来たりも楽だし。自分の好きな小説を漫画に描いてみたいというエゴ、と作者は言うが、うらやましい限り。

2020/02/03

みゃお

レビューを読んで気になっていた作品。 夢物語をさらりと描いている印象。 原作もきちんと読んで、どう印象が変わるのくらべてみたい。

2020/03/16

感想・レビューをもっと見る