読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

可能性としての戦後以後 (岩波現代文庫)

可能性としての戦後以後 (岩波現代文庫)

可能性としての戦後以後 (岩波現代文庫)

作家
加藤典洋
出版社
岩波書店
発売日
2020-04-17
ISBN
9784006023232
amazonで購入する

可能性としての戦後以後 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すごい勢い

ばらばらな生にたった一つの生き方が書かれている。つまりその方法の内部について書かれているのだ。

2020/08/05

H2Oearthman

「二つの視野の統合: 見田宗介『現代社会の理論』をてがかりに」。副題そのままに見田による1990年代複数の著作に依拠しつつその限界を超える可能性として「二つの視野の統合」を提唱する。まえがきにあるように、自著『敗戦後論』の自己分析といった趣旨である。

2020/04/23

感想・レビューをもっと見る