読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

医学するこころ――オスラー博士の生涯 (岩波現代文庫)

医学するこころ――オスラー博士の生涯 (岩波現代文庫)

医学するこころ――オスラー博士の生涯 (岩波現代文庫)

作家
日野原重明
出版社
岩波書店
発売日
2014-04-16
ISBN
9784006032685
amazonで購入する

医学するこころ――オスラー博士の生涯 (岩波現代文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

s-kozy

日野原重明さんの著書であるが、初版(中央医学社)は1948(昭和23)年。つまりまだ若い医学者だった日野原さんによる著書ということになる。その後、1991(平成3)年に岩波書店から復刻版が刊行、本書は2014(平成26)年に文庫版で復刊したものになる。これは近代アメリカ医学の開拓者ウィリアム・オスラーの伝記で医のヒューマニズムを生涯を通して実践したこと、その後の日野原さんのお仕事、人生に大きな影響を与えたことがよく分かり、感動的。途上国の公衆衛生に興味を持つ娘に勧めたい一冊だ。

2017/09/19

Hitoshi

医者としての心構え、生き方。心が引き締まる思いがしました。

2017/06/30

コッツ

日本オスラー協会に興味あり!

2014/11/21

Shotaro I

オスラーの人生が子どもの頃ヤンチャだったのが意外だった(笑)日本で言えば江戸時代生まれ、第一次大戦後に亡くなったオスラー。激動の時代を生きた人なのだな、と感じた。

2021/09/12

感想・レビューをもっと見る