読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

井上ひさしの憲法指南 (岩波現代文庫 社会 325)

井上ひさしの憲法指南 (岩波現代文庫 社会 325)

井上ひさしの憲法指南 (岩波現代文庫 社会 325)

作家
井上ひさし
出版社
岩波書店
発売日
2021-03-15
ISBN
9784006033255
amazonで購入する

井上ひさしの憲法指南 (岩波現代文庫 社会 325) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベイス

9条は絶対に守らねば、という著者の願いがひしひしと伝わってくる。改憲論者たちの主張、例えば「アメリカに押し付けられた」との論に対し、反証を重ねる。世界史的意義をもつ戦争放棄の宣言は、いまや日本が国際社会において拠って立つことのできる数少ないアピールポイントではないか。有名無実化?日本は戦後、武力でただの一人も殺していない。この憲法は世界史からの贈り物であり最高傑作だと述べる著者の叫びは、きわめて正論だと思う。しかし今回の選挙でも争点とされないまま、なし崩し的に骨抜き化が進む今の世の中に空恐ろしさを覚える。

2021/10/31

60代でも思春期

著者の日本国憲法への造詣はとても深い。明治憲法との比較、近現代の中での日本国憲法の生い立ち、そして政治や太平洋戦争との関わり合い。実に多面的、重層的に憲法を論じ、多くの著作を記しかな講演を繰り返している。日本が民主的であった時期が確かにあったのこと、国際連盟の常任理事国として軍備の放棄に貢献したことはあまり知られていない。そこから一気に戦争の当事者への舵を切り、国際連盟を脱退し、枢軸国の一員として太平洋戦争に突入していった。その愚かなプロセスと惨めな敗戦の中にこの日本国憲法の誕生があった。

2021/10/14

うみ

ほらあたし公務員だし憲法の尊重擁護は義務なんだよね #短歌 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」 さすがです。

2021/04/26

まがった僕のしっぽくうどん

井上ひさしの憲法に関する随筆や講演などをまとめたもの。氏の九条に対する思い入れは半端ない。例え押し付けの憲法でも、いいものはいい。全くその通りだと思う。80年代には文春や読売にも、こんな護憲的な文章が載せられていた事にも驚き。

2021/04/03

ほこやん

2022年の憲法記念日に読了。日本国憲法の成立過程がよく分かった。ポツダム宣言受諾との整合性を求めたGHQ が、大日本帝国憲法の単なる焼き直しである松本委員会案を了とせず、マッカーサー私案を提示し、飲むか飲まないかは日本次第、としたのは興味深い。

2022/05/03

感想・レビューをもっと見る