読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

掌の小説 (旺文社文庫)

掌の小説 (旺文社文庫)

掌の小説 (旺文社文庫)

作家
川端康成
出版社
旺文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784010611074
amazonで購入する

掌の小説 (旺文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ももたろう

川端康成の作品からは、淀みなくさらさら流れる小川のような印象を受ける。「葬式の名人」「有難う」「夏の靴」なんてまさにそう。でも、そのさらさら流れる小川の源流には、深い悲しみがある。悲しみを直接的には出さない。隠している。だからこそ、表面的ではなく、深いところに響いてくる。そう言うところが日本文学の醍醐味で、素晴らしいと思う。同じ日にドストエフスキーを読んでその違いを痛感。ドストは感情をモロに出す。饒舌な言葉にして出す。だから、思想がはっきり表れ考えさせられるものがある。どちらも大変面白い。

2017/06/10

感想・レビューをもっと見る