読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

とちりの虫―ユーモア・エッセイ (旺文社文庫)

とちりの虫―ユーモア・エッセイ (旺文社文庫)

とちりの虫―ユーモア・エッセイ (旺文社文庫)

作家
安岡章太郎
出版社
旺文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784010613726
amazonで購入する

とちりの虫―ユーモア・エッセイ (旺文社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

桜 もち太郎

ありゃ、面白かったのに登録が4人目とは。第三の新人と言われる人たちの小説や随筆は面白い。友人である遠藤周作とのエピソードもいい。学生時代の遠藤は、自分が語るのとは大違いで、勤勉さ、秀才ぶりには驚いた。やっぱり只者ではなかった。「美人とは何ぞや」での話はチョッと感動。安岡の優しさがにじみ出たエピソードだった。

2016/05/30

approach_ys

すこぶる読みやすい文章でした。当たり前のような感覚を言葉に出来るのは何気にすごいことだ。

2018/07/17

感想・レビューをもっと見る