読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

和解/小僧の神様 (愛と青春の名作集)

和解/小僧の神様 (愛と青春の名作集)

和解/小僧の神様 (愛と青春の名作集)

作家
志賀直哉
出版社
旺文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784010660515
amazonで購入する

和解/小僧の神様 (愛と青春の名作集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

せんむ

ある作家のエッセイに「志賀直哉のキリリとした文章に、軟弱者である僕は憧れるのであった」みたいな事が書いてあった。そんなに硬いのか!?と思い込んでて、ずーっと読まず嫌いだった。…読んだ。面白い。「城の崎にて」短くて、さらりとした文章の中に生死の事が書いてある。決して軽んじて書いてある訳ではなく、それが私には自然な事の様に受け止められた。

2014/08/09

Humbaba

人は,自分が見ている世界だけから世界を構成している.そのため,理解できない物事が起こった時に,自分の持っている情報だけからその出来事を再構成する.そして,それが間違っていたとしても,だれも正解を教えてくれない.

2012/06/11

watausa

和解は何回、読んでも苦しい。苦しいので毎回、違う本で読んでしまう。

2012/01/14

感想・レビューをもっと見る