読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大原まり子・松浦理英子の部屋 (セリ・シャンブル (6))

大原まり子・松浦理英子の部屋 (セリ・シャンブル (6))

大原まり子・松浦理英子の部屋 (セリ・シャンブル (6))

作家
大原まり子
松浦理英子
出版社
旺文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784010713464
amazonで購入する

大原まり子・松浦理英子の部屋 (セリ・シャンブル (6)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なめこ

この本が出版された1986年前後というのは、松浦理英子が『ナチュラル・ウーマン』を書いている時期にあたる。大原まり子との対談では、『ナチュラル・ウーマン』に登場するある挿話の元ネタ(?)なんかも語られていて、おもしろい発見があった。当時の松浦は、いまの自分と同年代、20代半ば~後半。ちょっとびっくりするぐらい、恋愛や性愛にまつわる彼女の持論があけすけに語られていて、それをそのまま彼女の小説を読む際に補助線として用いるのは、どうかとはおもうのだけれど、ああ、わかるなあ、と、ところどころ共感を禁じ得なかった。

2017/05/20

感想・レビューをもっと見る