読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある

作家
高崎卓馬
出版社
電通
発売日
2012-05-01
ISBN
9784021009105
amazonで購入する

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

姫川 涼@パセリの子

‘どうやって人を驚かせるか’をシンプルに教えてくれる一冊。わくわくできる技術書、というのは、この本くらいではないでしょうか。

2013/08/09

tktcell

誰かに向けた表現の話。表現は誰かの心を動かす。それは生半可なことではないと思う。誰かの心を動かし、誰かの行動を変える。そんな表現が、簡単に予定調和に、なんとなくできるはずがない。誰かの気持ちを動かすものそれは必死にその表現と向き合い、考え、計算する。ロジカルに、けれど感情を忘れず。生み出す。誰かの心を少しでも動かすために。そして、目的を、ミッションを持つこと。少し広告よりの表現のお話。何かを生み出す上でそれは共通するものだなと思う。面白かった。

2015/09/20

たろいも

2012年本、テレビや広告を見る人にどう上手く伝えるか、これが表現の仕方、意外性な内容のコンテンツたっぷり。人と会話するときの参考になる。誰かに教えたくなる会話、そんな魅力なスキルがあれば今ごろ俺はペテン師だったか、それは違う内容。すべての人は笑う前に驚いている なるほど。

2018/10/02

こーよー

表現技術として理論的に感動を生む方法を述べている。笑いながら笑えるものはつくれない、作り手の意図が伝わると引く、まさにその通りだと思う。ノウハウ満載で何度も読み返すであろう本。

2016/02/29

逍遥遊

79-02-20190802 サクッと読める。でも一般人にはあまり参考にならないかな。ブランディングのような仕事をしている人が読む本かなと。

2019/08/02

感想・レビューをもっと見る