読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

栞と紙魚子と夜の魚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

栞と紙魚子と夜の魚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

栞と紙魚子と夜の魚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
諸星大二郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022130617
amazonで購入する Kindle版を購入する

栞と紙魚子と夜の魚 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Nekono

古本地獄屋敷・・あぁ、住んでみたい。

2011/06/08

emuuwaii

本好きの業の深さ。他人事ではないです。

2010/07/03

Hiroki Nishizumi

ゆがんだ本への愛か・・・・

2016/04/19

ん?

久しぶりの再読。いわれてみれば魚類ネタ多い。基本が諸星ユーモア系列なので、気軽に読めて面白いシリーズ。

2015/04/19

ドント

4巻目はなぜか古本に関する話が多く、特に古本地獄の話は「この地獄行きたい……帰ってこれなくてもいい……と思っちゃう人が多いのではなかろうか。俺も行きたい。最終話では町が大変なことになっちゃうのだけど、けどやっぱりどこかほのぼのしてて、童話みたい。奥さんはあの姿の方が数段エロくていいと思います、はい。

2013/01/22

感想・レビューをもっと見る