読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ三 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ三 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ三 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022130815
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨柳堂夢咄 其ノ三 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

せ〜ちゃん

★★★★★ 「京助氏の災難 / 月の花影 / 過去の破片 / 蔵の中の姫君 / 瑠璃の鱗 / おもかげ行灯 / 寒月の笛」 贋作師:篁再び( ̄▽ ̄)

2016/03/05

真澄

図書館貸出禁止の本で館内で読了。蓮くん素敵すぎ。

2014/11/15

井月 奎(いづき けい)

寝る前の一冊。其ノ三です。切ない話が多いのですが、切なさに涙をこぼしそうなとき、その涙をこらえると水晶のように育つのではないでしょうか。自らの命が尽きることを知る白梅は、自分を愛してくれた人がよく切り枝を生けた古銅の花入れに最後の花を飾らせてくれと頼む。古銅の肌と白い梅は互いに美しさを高めるが、白梅は一人黄泉へと旅立つ。そこには自分を愛し、古銅の花入れをこしらえてくれた人が待っている。やさしく切ない『月の花影』をはじめとした七編が眠りに誘います。皆さま、おやすみなさい。良い夢を。

2015/06/28

まりもんママン゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚

こういう雰囲気のあるお話は好きです。骨董品は持ち主の気持ちが入っていると昔から母からもよく聞いていたけれど本当なんだなと思わされる。この本はハッピーエンドなのかアンハッピーエンドなのか難しいところだけど少なからず私の気持ちを軽く憂鬱にしてくれる(笑) かと言って読まなきゃいいじゃないかと言われるかもしれないけれど蓮さんの妖艶さや骨董の因縁とかが惹き付けるんだなぁ。読んでて疲れたりしてもやはり読んでしまう。

2015/04/16

夜雨

書生の京介さん登場、贋作師の彼も再登場の巻。コメディ色が強い「京介氏の災難」から、淡々としながらも胸に残る「月の花影」、胸がぎゅうっとなる切ない「瑠璃の鱗」。他の話も良いですし、このシリーズは外れがないですね。

2015/07/07

感想・レビューをもっと見る