読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ六 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ六 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ六 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2007-11-01
ISBN
9784022130846
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨柳堂夢咄 其ノ六 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

せ〜ちゃん

★★★★★ 「幽かな花 / 蜃気楼 / 月夜の恋人 / 井筒」この6巻から「雨柳堂裏話」と「日々平安」が定番化しています♪

2016/03/05

ちょいちょい絡んでくる訳あって贋作師の篁清二郎or弓岡某氏、結構お気に入りです^^釉月とのニアミスの出会いの今後が気になります。今回は京助さんにもようやく春が!?ってやっぱりこんな役回りなのね^^;何だか気の毒だけど本人は幸せそうだしまぁいいか。

2014/10/19

井月 奎(いづき けい)

花はただ咲いているのでしょうか?違うと思います「見て、綺麗でしょう?」とこぼれるような笑みをたたえて話しかけているように思えて仕方がないのです。それは逢魔時への通行手形でもあるのではないでしょうか?蝶の花にとぶ姿はどこかに連れて行かれそうですこし怖いときがあります。そういう話があるわけではないのですが作者は同じ思いを持っているのではないかなあ、と勝手に思っていて作中の花を探すのも楽しみのひとつなのです。骨董屋の主人の孫は逢魔時の向こうに住むものたちと会話ができる少年で、その少年が語り部となる四話の美玉。

2015/07/15

夜雨

可愛い白玉ちゃんが出てくる「月夜の恋人」が一等お気に入りです。ていうか京助さんってば相変わらずの役回りですな。この巻の話はどれも切なくも優しくて良いです。(このシリーズ通していえることではありますが)

2015/08/13

でんか

蔵書整理で再読中。釉月さんと青藍さんの話がまたでてくる。このふたりの交わりそうで交わらない辺りの感じがよいです。

2017/10/19

感想・レビューをもっと見る