読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

燕雀庵夜咄 新版 (ソノラマコミックス)

燕雀庵夜咄 新版 (ソノラマコミックス)

燕雀庵夜咄 新版 (ソノラマコミックス)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022130907
amazonで購入する Kindle版を購入する

燕雀庵夜咄 新版 (ソノラマコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

星落秋風五丈原

恩師・百瀬の隠居所である燕雀庵を訪れた芳村は、病弱な娘・薫子の身を案じて母親の幽霊が現れると聞く。「面影の花闇」他、「秋宵・夢語り」「芙蓉花抄」「夜咄」シリーズ4作品と、「牡丹灯籠」「花夜恋歌」「海の記憶」「ほととぎす」「幽霊夜話」収録。骨董と、現世とこの世ならぬ者との邂逅というテーマは、『うるわしの英国シリーズ』他現在の作品にも至る。

2015/06/07

でんか

蔵書整理で再読 燕雀庵を中心にして起こるサスペンス仕立ての短編集。芳村さんが謎解きしていくのだが、雰囲気がよい。幽霊屋敷、という義理の姪にプラトニックな思いをいだく男性の話があるのだが、病を得る感じなどなんとなく雰囲気があって好き。

2017/10/19

KOU

電子で再読。1983~1989年の作品集。芳村さんといった黒髪の男性主人公の顔が、いかにもこの時代の波津さんの絵だなと感慨深い。書き下ろしの「夜噺」の語り手は「海の記憶」の記者の久城さんということでいいのかな?

2020/02/24

感想・レビューをもっと見る