読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄16 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

百鬼夜行抄16 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

百鬼夜行抄16 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2007-11-07
ISBN
9784022131027
amazonで購入する Kindle版を購入する

百鬼夜行抄16 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

荒草ミエル

そうか、ニワトリが好きだったのか・・・ なぜ飛ばない鳥なのかが気になるけど、転生先が身近で良かった。彼女が早く気がつくと良いなと素直に思う。

2019/06/18

詩歌

絹ちゃんは真の夫とのラブロマンスほとんどないのに、真のヒロインの座を巡って三世代で争えるくらい可愛い。ところで、ツイッターのお盆ネタで、大型二輪のような格好いい茄子を見かけました。運転免許が要らないといいな。元彼鶏と霊能者八代さん参入。

2015/08/03

せ〜ちゃん

★★★★★ 今市子さんフェアにて再読。 「羽擦れの島」:不吉な娘として殺された女の怨念が・・・箱庭はとうとう寿命がきたようだ。三郎と晶の再会は?ホントにこれで良かったの? 「異界の水守り」:記憶喪失の女性の空白の1年間にどんな約束があったのか・・・律って三途の川でも有名なの? 「襖絵の女」:夜毎騒ぐ襖絵・・・開さんって結構行き当たりばったりですよね。律が一緒だと特にそうなるのかな? 「病み枝」:木の枝につく疫神の持ち主は・・・こんな所でも律と開さんが落ち合っちゃうのって、やっぱり呼び寄せられるから?

2014/08/31

蜜葉

三郎さんの箱庭の村人たちは旅立ち、三郎さんは……………まさかの展開で笑った。晶さんの膝の上を狙うためにその姿に?!笑

2014/01/22

ふみ

【借り本】16巻は、「羽擦れの島」「異界の水守り」「襖絵の女」「病み枝」の4編を収録。特に「羽擦れの島」が私的によかったデス…三郎の箱庭に謎の女性が現われ、厄事おこり、三郎さんにも転機が訪れたお話でした…伯父・開さんも仕事デビューしますが、何だかいわく付きな事に関わっていそうで、これがまた律や律の家族を巻き込んでいきますが…司ちゃんには彼氏がいるけど、律とどうなるのかな?

2012/02/04

感想・レビューをもっと見る