読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

観用少女 3 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

観用少女 3 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

観用少女 3 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
川原由美子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-10-07
ISBN
9784022131454
amazonで購入する Kindle版を購入する

観用少女 3 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kujira

髪の描き方と瞳の描き方にうっとり。プランツを見るとマザーグースにある「女の子は何でできているの?」から続く文章を思い出す。まさに「ステキなものぜんぶ」で出来てるのがプランツなのだろーなあ。

2009/12/18

天河石

何でもしてあげたくなるような、天使の微笑み……ってのを、実際見てみたいものだ。

2013/08/07

Aladdin

文庫版しか読んだことが無かったので、未収録作品が読めて嬉しい。すでに読んだことがあるけれど、やっぱり花冠の話が一番好き。他には墓標の話も好きです。メイドさんが可愛いです。小学生には思えないほど、自分の気持ちを理解していますね。川原さんの描く(人間の)少女は行動力があってみていて気持ち良いです。

2011/07/17

麻由

1・2を読まずにいきなり3から読んでしまったけれどあんまり問題なかった。立体だけれど生身でない、現実だけど幻想的でもある、うつくしい「観用少女」を愛でる物語。少女愛に満ちています。今まで読んできた作品の中で、一番二次元だからこその魅力を体現している作品かも。出てくる観用少女は皆うつくしく、人間は皆人間臭さに溢れています。収録作品だと「メランコリィの花冠」の刹那さが好みだけれど、オチにはびっくりした。

2011/03/06

古槍新垢

「人形」も「少女」も可愛すぎて魅了される。だいたいこういう作品だと人形と人間が比べられる話が多い気がするが、観用少女はどちらも比べられないほど素敵だ。月華を嫁にほしいと思わないでか!

2010/10/20

感想・レビューをもっと見る