読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幻想綺帖 二 玉藻の前 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

幻想綺帖 二 玉藻の前 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

幻想綺帖 二 玉藻の前 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

作家
波津彬子
岡本綺堂
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-11-06
ISBN
9784022131461
amazonで購入する Kindle版を購入する

幻想綺帖 二 玉藻の前 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

井月 奎(いづき けい)

ふとした表情などを絵柄でみせる漫画は、それによって想像の方向をある程度限定します。ですから映像化、漫画化した小説、戯曲は原作も読むことが肝要であると思うのです。で、この物語ですが、妖狐や塚の中の黒髪につかまった藻は玉藻となり、その玉藻を救おうとする千枝松、藻からは「千枝ま」と呼ばれる。は千枝太郎となり陰陽師の修行を得ます。二人は死によって引き離され、死によって結ばれます。それは運命なのでしょうか?ちがいます。藻と千枝まに戻った二人は誰も近づくことのできない殺生石に抱かれて、二人自ら結ばれたのです。

2016/05/07

藤月はな(灯れ松明の火)

「半七捕物帳」シリーズで御馴染みの岡本綺堂先生による幽玄美溢れる「玉藻の前」と硬質な美しさを兼ね備えた波津さんの素敵な組み合わせにひたすら陶然としました。原作で使われた言葉を使っているのも作品のぞっとするほど美しい雰囲気を壊していなくていいです。互いのことを想い、執着しているのに別々の道を歩まねばならなかった2人の最後は切ないです。波津さんのあとがきには思わず、笑ってしまいました^^

2011/05/07

氷華

波津先生の描かれる人物って本当に艶があって綺麗ですよね。原作ありで、そちらは未読なので原作との差異はわかりませんが、本当に面白かったです。殺生石伝説をベースにした話らしく、よく見知ったなもちらほら…それに史実も混じっており 歴史物としての側面も十分あるかと……。玉藻前より千枝松の方が艶があって可愛いと思ったり、あとがきの波津先生の言葉に頷いたりとそっち方面にも触れてて本当にもうごちそうさまでした。

2015/06/11

ぽっぽママ

再読。原作がしっかりしているのか結構複雑な設定がきちんとまとまっている。絵も綺麗で引き込まれる。

2015/08/30

ぐうぐう

早くも2巻が読めることの幸せ! しかも今巻は長編と来た! 岡本綺堂と言えば、『半七捕物帳』のイメージが強く、実際『半七』しか読んでいなかったので、このような生粋の幻想譚を書いていたことに驚かされた。でも、波津彬子のタッチと醸し出すムードには、なんともぴったりな原作だ。この先、このシリーズがどのような原作をチョイスし、どのように発展していくのか、益々楽しみになってきた。

2009/11/09

感想・レビューをもっと見る