読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マンガの方法論 マンガの経済学 お金とマンガの不思議な関係 (コミック)

マンガの方法論 マンガの経済学 お金とマンガの不思議な関係 (コミック)

マンガの方法論 マンガの経済学 お金とマンガの不思議な関係 (コミック)

作家
ひさうちみちお
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-02-18
ISBN
9784022140630
amazonで購入する Kindle版を購入する

マンガの方法論 マンガの経済学 お金とマンガの不思議な関係 (コミック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

絵具巻

文京区立根津図書館で借りました。

2015/11/12

starfish

作者は想像通り理屈っぽい。そして芸術や表現というものと真面目に正対している。そして正論ほどアナーキーなものはないのである。作中、マンガ学部准教授としての経験に基づいて何度も繰り返して語られるのは「自己のリアリティ」のない作品はダメということ。作者は妄想や逃避を否定しているわけではないので「切実さ」と言い換えてもいいし、巻末解説によれば「生活感」である。それを得心すれば誰しも「クールだ貧乏!」と言いたくなるであろうし、それこそがマンガの経済学である。

2015/12/27

青のりしめじ

経済学というよりは、貧乏でも漫画家やってこれました、的な(おそらく)インタビューの書き起こし的な一冊です。ガロは偉大!ガロは偉大!

2012/10/14

とんび

ぜんぜん経済学じゃねー。ガロと貧乏話。漫画はメジャーだけじゃなくて、色々自由なんですよー、という。ひさうちみちおさんの漫画読んだのは、多分初めて。ちょっと説教臭つよくて好みではない。

2011/05/22

じみへん

漫画の経済学という題名だが、ほとんど経済学には関係ない話ばかり。「ガロ」万歳話が中心。

2011/05/20

感想・レビューをもっと見る