読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)

作家
諸星大二郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-12-06
ISBN
9784022141330
amazonで購入する Kindle版を購入する

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

グリム童話をモチーフにした『トゥールデおばさん』『スノウホワイト』の流れを汲む最新短編集。日本民話2編、西洋メルヘン2編、そして中国もの1編という、バラエティ豊かな内容。童話に教訓は付き物だが、諸星大二郎はその教訓に縛られず、自由な発想でもってアレンジしているのがいい。「シンデレラの沓」なんて、実に皮肉が利いてて、愉快で楽しい。また、「瓜子姫とアマンジャク」のエンディングは、しばらく余韻を引きずるほどに印象的だ。

2013/12/16

T.Y.

日本民話から「瓜子姫とアマンジャク」「見るなの座敷」、西洋から「シンデレラの沓」「悪魔の煤けた相棒」、そして中国から「竹青」の5編。お伽噺を活劇に発展させたものから、古いお伽噺の世界が現在と交錯するパロディめいたもの、不条理な怖さまで縦横無尽なアレンジ、相変わらずの手腕が発揮されている。巫女に課せられた宿命に抗い、アマンジャクと独特の交流を築く瓜子姫がとりわけ印象的(アマンジャクが彼女に成り代わるエピソードが通りすがり的な一挿話に過ぎないものになろうとは)。

2014/12/18

hanchyan@小四喜は久しぶり

諸星先生の新刊!「見るなの座敷」「悪魔の煤けた相棒」が良かったが、なにより「竹青」のクライマックスがカッコよかった!! あとがきを読むとグリムものはまだまだ続きそうだけど、「碁娘伝」みたいなのが読みたいなぁと思っていたので。ネムキってすごい雑誌ですね。

2013/12/23

emuuwaii

和華蘭シリーズ? 「シンデレラの沓」のまったりした感じが、「栞と紙魚子」を彷彿とさせていてよかった。

2013/12/31

punto

元ネタはおとぎ話なんだけれど、結構話が違っていて、エッセンスだけを利用した別物でした。絵はそんなに好きでもなかったのですが、なかなか味のある作品でこれはこれで良かったなぁと思います。

2018/06/07

感想・レビューをもっと見る