読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

闇の守り人 2 (Nemuki+コミックス)

闇の守り人 2 (Nemuki+コミックス)

闇の守り人 2 (Nemuki+コミックス)

作家
上橋菜穂子
結布
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-03-18
ISBN
9784022141941
amazonで購入する

闇の守り人 2 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ももたろう

ティ・ティ・ランかわいいです(^^)しかし…その虫食べるんですか?どうなんですか?ユグロ悪いやつだなー。カッサに自分の狡さを知られて恥ずかしくないのかしら。女のこともバカにして…!「恥を知れ」とはユグロのほうでしょう。児童書だからというのもあるでしょうが、子どもはいろいろなことを見てるし感じてるし力があるのだなーと思わせられます。カッサの決意に満ちた瞳に「じぃん」としました。昔の言い伝えや知恵が途切れてしまった時、目先の利益や権力にとらわれた時に悲劇が起きてしまうのは「獣の奏者」と同じですね。

2016/05/09

ちゅった

「精霊の守り人」ドラマ化おめでとうございます。絶対観ます。この世界観大好きですから。あとがきで結布さんが『付箋だらけの小説を撫でながら~』とあったのを読み、私も原作引っ張り出して再読。この再現率高いわぁ。次が最終巻ですか。待ち遠しいです。

2016/03/17

海(カイ)

カラーページのバルサ、かっこいい!

2016/04/14

てんてん(^^)/

ユーカとの再会から。ユグロの恐ろしさがだんだん明らかに。ティティランがかわいい。

ミィ

闇の守り人が、漫画で見れることが嬉しいし、本当に丁寧に大切に描かれていて、書いてくださったのがこの方で良かったなあと思った。

2016/03/26

感想・レビューをもっと見る