読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幸せのマチ (Nemuki+コミックス)

幸せのマチ (Nemuki+コミックス)

幸せのマチ (Nemuki+コミックス)

作家
岩岡ヒサエ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-25
ISBN
9784022142207
amazonで購入する Kindle版を購入する

幸せのマチ (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しましまこ

作家買い。どう見ても両片想い、雑貨屋店主の谷野さんと喫茶店主の三雲さん。あと1歩が踏み出せないまま、立ち退きで離ればなれ、かと思えば新店舗が隣同士! 何故そこで運命の人とグイグイ行かんのかー!と焦れったいにも程がある読者の気持ちをまんま代弁してくれるのが、ぬいぐるみに取り憑いた谷野母の霊と三雲ワンコの霊+1。小競り合いしつつも(出来る範囲で)やりたい放題、コレが楽しい~!面白かったー!

2017/01/31

nokonokoi

最初、黒い影が出てきて、怖い話かと思ってしまったけど、そんなことはなく、心あたたまるステキなお話でした。好きなことに打ち込む二人がゆっくりと距離を縮めていく様子にほっこり。その後の二人が見たいなぁ。

2018/05/06

木漏れ日の下

主人公である喫茶店を営んでる三雲さん。自ら創作したぬいぐるみも置いてる雑貨店を営む谷野さん。二人のお仕事に真摯に向き合う地に足がついた様子に好感がもてます。そんな二人のゆっくりゆっくり育まれていく恋愛模様にほんわかします。またそんな二人を見守る谷野さんの作ったぬいぐるみに乗り移っちゃった守護霊達のてんやわんやぶりが可愛くてほっこりしました。

2018/03/20

emi*

岩岡ヒサエさんの新刊。あらすじで久しぶりに買いましたよ。ほんわか恋愛もの、と思いきや、ぬいぐるみに宿る守護霊なども出てきたりちょっと普通でないところが岩岡ヒサエさんらしいです。(褒めてます^^)

2017/01/29

チューリップ

いい話だったー。中々進展しないお隣同士で店をやっている三雲さんと谷野さんの2人とその様子を見守るぬいぐるみに憑りついた三雲さんの飼い犬の霊と谷野さんの母親の霊がいる話。幽霊とか出てくるけどほんわかした空気感だし動くぬいぐるみが可愛くて好き。三雲さんのお店行ってみたいなあ。八百屋さんもいい人だけど三雲さんが倒れて戻しちゃった時に谷野さんが残って片づけをしている所を読んだらこれは谷野さんだなあと思った。最後には八百屋さんにも恋の予感があって綺麗にまとまっていて満足感強かった。

2017/02/16

感想・レビューをもっと見る