読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

伊藤潤二自選傑作集 歪 (朝日コミックス)

伊藤潤二自選傑作集 歪 (朝日コミックス)

伊藤潤二自選傑作集 歪 (朝日コミックス)

作家
伊藤潤二
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-20
ISBN
9784022142504
amazonで購入する Kindle版を購入する

伊藤潤二自選傑作集 歪 (朝日コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

伊藤潤二自選傑作集の2冊目。楳図かずおと筒井康隆に多大な影響を受けているとご本人が語られているが、それも頷ける。世界観や描写が、それを彷彿させるものがある。もちろん、伊藤潤二独自の世界に昇華していて、発想のぶっ飛び具合がハンパはない。特に変身の恐怖は、夢に見そうだ。

2018/06/10

Vakira

題名の如く 伊藤潤二さんの自選傑作集。10編の短編ホラー1980年代から90年代の作品。伊藤潤二さんは話題のホラー漫画家ですが今までで読んだこと無し、愚息の本棚から拝借して読む。だいたい登場人物は美男、美女。そこから~の変貌が恐怖心をそそる。成程面白い。たまにはこんなホラーマンガを読んで見るのも面白い刺激。短編毎に作者の当時のアイデアメモと解説が嬉しい。お気に入りは「緩やかな別れ」かな。実は・・・というオチがいい。

2020/08/15

薫子

友人からの誕生日プレゼントでした。職場でこれを手渡される衝撃たるや(笑)むかーし何かで読んだことがあるような気もする話がいくつか。あーなんか、色々夢に出てきそー。

2018/06/16

かやま

まさか出ると思わなかった自選集第二弾。読んだことない話がいくつかあった。気がする。わりと古めの話が多くて最近の伊藤潤二にももう少し元気が欲しいところ。

2018/03/31

直人

こちらも『伊藤潤二傑作集』とダブり。 ただ『緩やかな別れ』については『傑作集』になく,これは名作だと思うのだな。 おどろおどろしい描かれ方にはなっているが,そこを変えると,ドラマや映画,芝居でも使えるストーリーだと思う。 優しくて,哀しくて。 ──で,巻末描きおろしもオールスターキャスト的でステキだった。

2018/07/30

感想・レビューをもっと見る