読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ十七 (Nemuki+コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ十七 (Nemuki+コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ十七 (Nemuki+コミックス)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-10-05
ISBN
9784022142580
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨柳堂夢咄 其ノ十七 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hirune

妖しくも華麗な波津彬子さんの作品世界、いつ読んでもよいですね♡特に三味線を弾きながら 宴会している三匹の猫又のお姐さんたちが素敵でしたよ。あの大きなねこさんたち とんでもなくモフリ甲斐がありそうだ〜(〃ω〃)2年半ぶりの新刊、堪能できました♬

2018/11/10

ぐうぐう

霊とは、死者の本音が姿となったことを言うのだろう。悔しい、哀しい、愛おしい、そんな死者の強い想いがこの世に残ることを可能にする。しかし「斜陽の家」の霊は、本音から目を背けた結果、この世に残らざるを得なかったケースだ。逆に言えば、生前の悪行に対する疚しさがあったからこそ、死んでいることから目を背けているとも解釈できる。懐の深い一編だ。一転、「冬の宴」は楽しくなる物語。そうか、今の若い子達は、三味線に猫の皮が使われていることを知らないのか。古典落語のサゲが理解されなくなっているという話を、ふと思い出す。

2018/10/13

そうか、2年半ぶりなのか。その間にも色々と出されているので、待たされてる感もなく、あまり気にはなりませんでしたが。って事はですよ?その分、もう頁はそこそこ溜まってて、次はそんなに待たずに出るって事なのかなぁ?出版事情はともかくとして(^_^;)どの話も安定のクオリティですが、猫が三味線弾いてる話が楽しい♪いつまでも続いて欲しいシリーズです!

2018/10/06

しましまこ

嬉しい新刊、「冬の宴」素敵な猫の姐さん達、このお話が好きでずっと待ってました嬉しい!何回読んでも笑っちゃう、楽しい!とにかく泣ける「手紙」、ブラックなのに後味は悪くない「斜陽の家」。全部好きです、もっともっと描いて下さい。

2018/10/09

しゃちおおかみ

積読発掘。自分の寝床回りが恐ろしい積読本の壁をなしており、大掃除という名の棚卸的なことで発見・・・いつから埋まっていたんだ(汗)。一話目、狡い兄妹でした~。火伏の姫にしても、一見のみためとは裏腹に、ってお話でしたね。猫の宴会楽しそう。姐さん達には私も遭遇してみたい・・・自分の家には猫いないけど、ネットでみてるとおすすめ記事が猫尽くしになるように、あやかし系の猫もお近づきになれないものか?(恐怖体験はしたくないけど)。ま、そういう安全地帯から覗くには、雨柳堂シリーズがぴったりですよね。また次も出ますように。

2018/12/28

感想・レビューをもっと見る