読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

かっぱのねね子 こうの史代小品集

かっぱのねね子 こうの史代小品集

かっぱのねね子 こうの史代小品集

作家
こうの史代
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-12-13
ISBN
9784022142627
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

幻のこうの史代作品が待望の初書籍化! 表題作は、人間界から帰れなくなった悪いかっぱの少女ねね子が巻き起こす日々の騒動を愛らしく描くオールカラー漫画。本作のほか、描き下ろしスケッチコラム「かっぱ紀行」や未書籍化の漫画、イラストも収録。

かっぱのねね子 こうの史代小品集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドスケベ野郎・寺

こうの史代ファンなので読む。可愛い作品集である。表題作の『かっぱのねね子』に出てくるねね子の同級生ながいくん(ドジョウ)が可愛い。ねね子はあんまり可愛くないのだが。その他の作品ものほほんとしていて、相変わらず気分の良い風が吹いているような。これからどんな仕事をするのか楽しみな表現者は案外少ないのだが、こうの史代は間違いなくそれの数少ない一人である。だからこんな小品集も良いが、新たな長編を期待している。

2019/03/13

トリオネア

ぷらづま記、たまのを草紙、へるめすの書は鳥のかわいさや面白さが作者さんの魅力と共によく描けてる。この作者さんの線や彩色が味があっていいと思うから、17年経っても変わりなくてよかった。

2019/02/23

はる

買い本。昔々カッパと呼ばれていた時期がある。おかっぱ頭の頃の話だ。ねね子の無茶苦茶ぶりくらい自由に過ごしてみたかったものだ。4頁のカラーのマンガが、昔の家庭雑誌や婦人雑誌に綴じこまれている子ども向けの頁のように懐かしい(いったいいつ頃の話やねん)甲羅を背負っているんじゃなくてちゃんと甲羅を着ている?ねね子が新鮮!そして叫ぶ。うちの田舎でもカッパは猿猴だよ~。

2019/02/14

emuuwaii

かっぱのねね子。子どものリアリストなところが表れていて、楽しい作品でした。あと1枚絵も素晴らしい。

2019/02/05

てんてん(^^)/

おおきなポケットで連載されていたのか。それは知らないはずだわ。わがまま気ままなかっぱのねね子ちゃんは、いたずらをして水の世界に戻れなくなってしまう。善行を積まないと、家に帰れないのだけど、実はあんまり改心していないのね。知らない間にした事が善行にカウントされて、でも、それがだんだんねね子を変えていってるようないないような。(笑)小学生って、こういう子に共感するんだろうなと思う。ばかだなあ!とかずるいことしてる!とか笑いながらいつのまにかほんわかしてたりしなかったりするそのさじ加減が絶妙なのだ。(続く)

2019/01/23

感想・レビューをもっと見る