読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

49歳、秘湯ひとり旅 (ソノラマ+コミックス)

49歳、秘湯ひとり旅 (ソノラマ+コミックス)

49歳、秘湯ひとり旅 (ソノラマ+コミックス)

作家
松本英子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-03-19
ISBN
9784022142740
amazonで購入する Kindle版を購入する

49歳、秘湯ひとり旅 (ソノラマ+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

温泉漫画。絵がとても細かくて丁寧。秘境の湯とのことで、全く知らない温泉ばかりだった。筆者はいろんな温泉を知っているなと驚きました。私もいつけ一人で温泉に行けるぐらいの度胸が出来たら行きたい。自分の中の時折現れる寂しい自分に会うっていう感覚に共感しました。

2020/07/07

manamuse

まだ出版したばっかりなんだ…この人の感覚とか絵も好きかも。10歳差があるのが残念。どの秘湯も知ってるけど行ったのは3つ。こんな風に行った所の絵を描いて残せるっていいなぁ〜。

2020/04/13

瀧ながれ

秘湯とその宿を楽しむエッセイコミックだけど、あんまり大きなお風呂に魅力を感じないわたしは、お風呂の気持ち良さじゃなくて「49歳」の身体感覚などに興味と共感を覚えた。身体の変化、出産可能な年齢を過ぎての子どもへの視線、親との距離など、この年齢だから感じることがいろいろあるなあと、読みながら改めて思うところがいろいろと…。わたしも一人で遊べるヒトなので、「さみしい」の感じ方にも共感。りんごのグラタン、美味しそうね。

2020/05/01

こぺたろう

かけ湯くんファンとしては、見過ごせない一冊を発見。秘湯を守る会の宿ばかり出てきて、読み応え抜群でした。ひとり旅や子供のことなど、様々な事に対する著者の思いが、温泉に浸かりながら綴られています。僕は家族旅行も好きですが、ひとり旅も好きなので、結構共感。ひとりでないと味わえないことって、やっぱりあると思うなあ。3年前に行った姥湯温泉が載っていて、嬉しかった^^また行きたい。

2020/04/22

あーびん

前にひとりで温泉に行きたいと思って調べたら、よさそうな旅館はおひとり様お断りとか二名分の料金だったりなんかハードルが高くてあきらめた。でもこの本に出てくる温泉宿はおひとりさまでもよい感じ。作者と同じくひとり旅で特にさみしいとは思ったことはないけれど、さみしさを巧妙に隠している自分がいるのかもなぁ。弓ヶ浜温泉にいつかひとりで行こう。

2020/03/28

感想・レビューをもっと見る