読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センサー (Nemuki+コミックス)

センサー (Nemuki+コミックス)

センサー (Nemuki+コミックス)

作家
伊藤潤二
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-11-07
ISBN
9784022142849
amazonで購入する Kindle版を購入する

センサー (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

失敗作には二通りある。作者が失敗していることに気付かない失敗作と、気付いている失敗作だ。『センサー』は後者にあたる。あとがきによれば、当初『夢魔の紀行』と名付けられた本作は、ヒロイン・白夜京子を狂言回しに、楳図かずおの『おろち』や、諸星大二郎の『妖怪ハンター』シリーズのようなスタイルの物語を目指していたようだ。しかし、出来上がった作品は、キャラ達が作者の意図を無視して勝手に動き出した結果、まったくもってまとまりのない、わけのわからない物語となってしまった。(つづく)

2019/11/07

ベル@bell-zou

白夜京子の金髪にいちいちキラキラマークがついているのが妙にツボだった。踏み潰した内臓が自殺した人の顔、って悪趣味すぎです、伊藤先生(笑)

2020/02/24

地下鉄パミュ

伊藤潤二の作品を多数読んで来たが難解に感じた本作『センサー』。有らぬ方向に進むキャラたち、突飛な方向に進む物語。作者は1話完結のような話しを連作しようと考えていたようですが、予定調和の1話完結物よりも先の読めない展開が魅力になったのではないでしょうか。難解ではあったが濃厚で他の作品でも使えそうな強烈なキャラも登場し読み応えも充分だった。この漫画を表現するとすれば、『君は小宇宙を感じた事があるか・・・いや感じてはならない』になるだろうか笑。

2020/03/09

vaudou

「ミーゲレ様は幕末の頃宇宙に旅立たれました」

2020/09/12

私市

宗教めいた話で難しかったな…催眠療法や毘沙ヶ浦の虫なんかは今までの伊藤潤二らしさを多分に含んでる印象で面白かった ていうか紅子コエ~…

2020/02/20

感想・レビューをもっと見る