読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 (28) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (28) (Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 (28) (Nemuki+コミックス)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-10-20
ISBN
9784022143006
amazonで購入する Kindle版を購入する

百鬼夜行抄 (28) (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

荒草ミエル

飯嶋家の面々凄すぎ。ほぼ全員が「見える」んだけど、あえて見えてないふりしてるし。さすが、妖のあしらい方も心得てるんだな、と感心してしまう。前作から蝸牛の姉一族に話が展開、過去エピソードが解明されていく流れが面白い。このシリーズ、どう終わるんだろう。あえてブツっと終わっても違和感ないと言えばないけど。

2020/11/15

ふかborn

前巻で水脈大叔母さんの血族と繋がって、あぁもう終わりかも…とか思ってた読者各位、全く終わらんぞ!!!完結する気配さえ無し!何なら新しい怪異が出来上がっとるわい!よくもまぁ、そんなにアイデアが湧くなぁ~と感嘆する。「鈴の音」では開さんが遺品整理業に鞍替え。不動産屋とのダブルワークなのかも。先輩の中西くんは今後も出て来そうな、良い塩梅の人だ。「一夜」は、飯島一族って怖…となる一編。気付いているのか鈍感なのか、兄弟姉妹が全員集まったら何が起こるのか(いまだに洸は出て来ず)。覚叔父さんが輪郭を取ったのが怖い。続く

2020/11/03

あたびー

記憶のないままドナーになっていた律。お寺の同僚一幸さんナイスキャラ。宣子おばさんの件は複雑怪奇。さて、そろそろ久しぶりに1巻から読み返してみるかな…

2020/11/23

まりもん

まだ水脈伯母さんの親族である新潟の家族と関わるのはやばいから寺に行って生活している律。でもその隙に青嵐が飯島家の集まりを利用したりと余計なことしてる。律も心休まらないな。

2020/10/20

鯖頭(さばあたま)

司のアザにも触れる因縁、忘れかけていた作品の全容を思い出させるかのような内容。常連さんがあまり出てこないのは世界観を改めて整えるためか。今市子先生はアナログ、やはりこの筆致はデジタルでの再現は難しいよねー。装丁や紙質も、アナログならではの豊かさです(デジタルを否定するものではありません。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る