読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス)

魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス)

魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス)

作家
槇 えびし
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-11-20
ISBN
9784022143020
amazonで購入する Kindle版を購入する

「魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス)」のおすすめレビュー

「今月のプラチナ本」は、槇 えびし『魔女をまもる。』

『魔女をまもる。』(上・中・下)

●あらすじ● 舞台は16世紀の神聖ローマ帝国。「魔女」や「悪魔」の不穏な噂に隣国がざわめく中、領主ヴィルヘルム5世のもとに、とある村から「村の娘が人狼に襲われた」という知らせが舞い込む。そこで一連の騒ぎを収めるよう、侍医であるヨーハン・ヴァイヤーを派遣するのだが……。魔女狩りが横行する時代、医療によって彼らを救おうとした、精神医学の先駆者といわれる医師の生涯を描いた傑作歴史マンガ。 まき・えびし●マンガ家、イラストレーター。著作に『天地明察』(原作:冲方 丁、講談社アフタヌーンKC)、『朱黒の仁』(朝日新聞出版)など。

槇 えびし朝日新聞出版Nemuki+コミックス 各900円(税別) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

魔術はファンタジーではなく、歴史だ 著者は中巻の後記にこう書いた。「魔術はファンタジーではなく、歴史だ」。われわれがマンガや映画で見てきた悪魔や魔術のほとんどは、ファンタジーでありCGだった。しかし当時の人々にとっては、疑う余地のない現実だったのだ。その現実に疑問を抱くことのむずかしさ。ほと…

2021/1/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス)」の関連記事

「逃げないと… 逃げなくちゃ」見えないニンフェに怯えるヨーハン。迫りくる恐怖にふたりは――/魔女をまもる。⑦

16世紀、数万人が無残な死を遂げた"魔女狩り"。狂気の時代に魔女と断罪された人々を医療の力で救おうとした医師、ヨーハン・ヴァイヤーの生涯を描いた歴史ドラマ。「ヨーハン逃げて!」水の精・ニンフェと会話を始めた矢先、エルマは急に血相を変えて…。

<続きは本書でお楽しみください>

2021/3/18

全文を読む

「私ね…魔法が使えるの」ヨーハンが目を開けると、そこには…?/魔女をまもる。⑥

16世紀、数万人が無残な死を遂げた"魔女狩り"。狂気の時代に魔女と断罪された人々を医療の力で救おうとした医師、ヨーハン・ヴァイヤーの生涯を描いた歴史ドラマ。魔法で目の前のホップ畑を花畑にしてみせると話すエルマ。3つ数えた後、ヨーハンが目を開けると…?

<第7回に続く>

2021/3/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

魔女をまもる。上 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふじ

ダヴィンチのプラチナ本掲載。上中下巻読了。魔女にされた女性は精神疾患であり治療で治る、と闘った実在の医師の物語。認知症の老婆や、母の妄想に付き合った優しい娘も犠牲に…本当に怖いのは集団心理。しかし、当時の常識に歯向かい正義を貫き通すことは同時に己を苦しめる。史実ベースのため、全てがハッピーエンドとならない分読んでいてつらい。でも面白かった。作者あとがきも興味深い。

2022/08/04

雲母

〜16世紀ヨーロッパに実在した医師ヨーハン・ヴァイヤーの生涯を描く痛快歴史漫画〜 帯より 初読作家さんです。魔術と医術。どういう風になるのか中巻へ急ぎます。

2021/02/05

さとみん

魔女狩りの空気を肌で感じている今この時期に全3巻を同時発売してくれて嬉しい。物語については下巻で触れるとして後書きについて。本から得た知識が思いもよらないところで繋がる経験は私にもあるので、興味の向くまま読んだ本が無駄にならないのは実感している。ただ乱読なので年齢を重ねるにつれ、自分の基礎教養のなさが恥ずかしくなってきたのが問題だ。

2020/11/22

碧海いお

家族から借りた本。 普段、読まないレーベル。 16世紀のヨーロッパで魔女狩りや悪魔つきで怯える村人の話でした。

2022/07/02

ギンジ

借り読み。まず画の上手さに見惚れてしまい、内容が入ってきていないことに気付く…。気を取り直して読み直し始めたら、今度は止まらず3巻読んでしまった。「魔女狩り」というものに立ち向かった人達がいたなんて、想像だにしなかった。各巻末に作者の後記があるのですが、それも含めとても惹かれる作品です。

2021/03/21

感想・レビューをもっと見る